京都の異界を歩く

ちょっと変わった京都の探訪記です

花街を歩く(その1)〜先斗町編~

京都といえは花街だろう。芸妓や娼妓が花を売り、修行中の若者は舞妓として踊る。まさに表も裏もある異界と言って良い。

時を経て、令和となった今、花街はどのように変貌したのだろうか。現代の花街を歩いてみよう。まずは有名な先斗町から。

※「花街を歩く」と言っておきながら、それ以外も寄り道する事、あらかじめご了承いただきたい。異界があれば寄る主義だ。


三条大橋から歩き始める

先斗町は三条から四条まで、鴨川西岸に沿って続く町だ。南北に細長く、道は異様に狭い。

今回は、三条大橋の東側から歩き始めよう。先斗町の拠点である歌舞練場がよく見える。




という訳で先斗町歌舞練場。先斗町の芸妓が、京舞の稽古をしたり、発表したりする所だ。

まずは、三条大橋を渡る前に、歌舞練場をじっくり眺めておこう。




先斗町歌舞練場をアップで。大正14年に着工し、昭和2年に完成した歴史的建造物だ。

当時は「東洋趣味を加味した近代建築」と賞賛されたという。文化財と言っていい。




先斗町歌舞練場の屋上に鳥居を発見。お稲荷様だろうか。おそらく先斗町の守護神なのだろう。


橋の上から

では三条大橋を渡り始めよう。ここからは鴨川がよく見える。また橋の上にも歴史の痕跡があるという。興味の尽きない橋だ。




まずは橋の上から先斗町を見てみよう。一番川沿いの木造2階建ての密集している所が先斗町だ。夏にはここに納涼床が並ぶ。

かつては "一見さんお断り" (紹介無しでは入れない)という高級割烹の代名詞だった。今はどうなっているのだろうか。




川は意外に澄んでいた。北山から綺麗な水がどんどん流れてくるからだろう。平安時代は鴨川で禊(みそぎ)が行なわれた、というのも頷ける。




さて、有名な歴史の舞台にやってきた。橋の擬宝珠に、池田屋事件の刀傷があるのだ。観光客などは「本当にこれ?」という顔をして通り過ぎる。

だが確かに池田屋はここから近いので、斬り合いがここまで続いたというのは、充分あり得る話だ。都市伝説ではなく、真実と言って良いだろう。




渡り終えて橋を眺めた。こここそまさに東海道の終点。江戸日本橋から始まった東海道はここで終わるのだ。

京都の出入口と言い変えても良いだろう。かつては橋の外側は魔物の住む異界で、内側こそが京都の街だった。

今そこに立っている。


鴨川西岸へ

三条大橋の西側に入ると、急に賑やかになったような気がする。東側は駐車場の広がる殺風景な空間だったからだろうか。

でもそれだけではなく、こちらには記念碑や有名店舗、木造商家など、バラエティに富んだ世界が待っているからだろう。




まず現れたのは、旧三条大橋の石柱と高札場跡を示す駒札(駒の形をした説明看板)。

特に高札場があったことに注目したい。高札とはネットの無かった時代の公告方法。

この高札を巡って、幕末には新撰組土佐藩士の間で武力衝突事件が起きたという。




上記の駒札の後ろにはスターバックスがあった。"納涼床を出すスタバ" として、全国トップクラスの人気スタバらしい。

かつてここには近江屋という旅館があった。三条大橋は京都のターミナルだったので、いわば駅前旅館のようなものだろう。

ちなみに、今でもスタバの入っているビルは近江屋ビルという名称だ。ということは、このビルの所有者なのだろう。




近江屋ビルの西隣には、明治頃に建てられたと思われる木造商家が並んでいた。スタバの隣なのでよく目立つ。早速アップで見てみよう。




まずは五色豆で有名な「舟はしや」さん。明治時代から続く老舗のお菓子屋さんだ。建物があまりにも美しいので見惚れてしまう。内装も素晴らしい。




その隣は、ホウキやタワシで有名な「桔梗利 内藤商店」。創業は何と文政元年(1818年)というから200年以上。さすが京都という他ない。この二軒は文化財クラスだろう。




三条通を渡って南側へ行くと、弥次さん喜多さんの像が建っていた。何と言っても、東海道中膝栗毛だからね。


鴨川に沿って南へ

では鴨川沿いの道を南へ進もう。先斗町はもうすぐだ。




左側は鴨川。そして右側の塀の続いている所は瑞泉寺だ。ちょうど裏手なので塀しかないが、実は "異界の寺"と言える。

豊臣秀吉により切腹させられた豊臣秀次の墓があるばかりか、その奥方など家族39名の亡骸がここに埋められたという。

江戸時代にそれを知った角倉了以が、その菩提を弔うため、その場所に瑞泉寺を建てた。まさにここは異界だった訳だ。




その異界の向かい側にお地蔵さんがあった。銅板屋根の丁寧な小社が祀られている。




続いてまた左側にお地蔵さんが現れた。こちらはモルタル造だが、意外と古そうだ。何せ首が無い。


先斗町をスタート

ようやくここから先斗町がスタートする。早速歩き始めよう。




先斗町の北の端から南を望む。道はまだ狭くない。ところで、遠くに赤い着物の女性が見えるが、もしや芸妓さん?




近づいてみると、やはり芸妓さんだった。この先に先斗町歌舞練場があるので、これから稽古があるのだろう。

実際に舞妓さんが見られるのは珍しい。一般に街中で見かけるのは、レンタル着物を着た観光客ばかりだから。

芸妓さんや舞妓さんは夕方、タクシーで料亭に行く。歩く事はない。歌舞練場ならではの偶然だったのだろう。




先斗町歌舞練場に近づいてきた。ここが表玄関で、先ほどの女性もここに入っていった。春の風物詩と言われる「鴨川をどり」が有名なので、高々とそれを掲げている。




歌舞練場の看板を見ると、芸妓組合やお茶屋組合も入っている。いわゆる検番といって良いのだろう。




先斗町歌舞練場を南から眺める。目をひくのはスクラッチタイルの美しさ。これぞ京都の洋館といって良いだろう。

例えば京セラ美術館しかり、旧任天堂本社しかり。京都はスクラッチタイルの宝庫だ。もっと知られて良いだろう。




ここで歌舞練場向かい側の道路を眺めておこう。良い感じの町家が並んでいる。ちなみに、この先に坂本龍馬の滞在跡があるので、この道は龍馬通と呼ばれているらしい。




向かい側の道路の奥の町家は、どうやら焼肉屋さんらしい。外灯に「焼肉」と書いてある。

元々はお茶屋さんか何かだったのだろうが。仕方ない。こうなったのも時間の流れだろう。


先斗町を南へ

ではまた先斗町に戻って南へ歩き出そう。ここからは急に道が狭くなるようだ。




いきなり右側にジャズバーが現れた。かつてはお茶屋さんや料理屋さんばかりだった先斗町。いつからこういった店が進出してきたのだろうか。

この建物自体が相当古そうだから、40〜50年前には変わっていたのではないか。おそらく、もう街に馴染んでいるのだろう。それが先斗町だ。




どんどん先斗町を南へ進もう。ご覧の通り、道は狭くなってきた。




歩いていると、フレンチレストランもあった。まさに変貌する先斗町だ。




歩いていると、途中いくつも路地があった。一つ一つがとても面白そう。




よく京都ガイドブックに、「京都は路地が面白い。路地を見つけたら迷わず入れ」などと書いてある。ここなども本当に面白そうだ。おそらく木屋町通に抜けられるのだろう。


お茶屋さんの建物

先斗町は、江戸時代の寛文年間に、鴨川の河川敷を埋め立てて造られた新しい街だ。そこから花街として急発展していった。

しかし繁華街の木屋町に近かったのも災いして、「スクラップ&ビルド」、すなわち新しい建物にどんどん建て替えられていった。

そのため、お茶屋さんの消滅も激しく、今では数少なくなった。お茶屋さんの建物は希少価値がある。見つけられたら嬉しい。




先斗町を南へ歩いていくと、奥に柳が下がっているのが見えた。これは風情があって良い。そしてこの左手前の建物には・・・




左手前の建物には「京公許」の標札が掛かっていた。お茶屋さんを示す鑑札だ。数少ないお茶屋さんが、ここに残っていた。




さらにこの建物には、お茶屋さんの経歴を示す看板まで掲げられていた。これは分かりやすくてありがたい。


先斗町公園

先斗町の中ほどに先斗町公園がある。先斗町通と鴨川に挟まれた小さな公園だ。だが桜もあって風情がある。ひと休みにちょうど良いだろう。




左側に先斗町公園が見えてきた。早速中に入ってみよう。




手前に広い空間、奥には滑り台付きの築山。左側には桜も見える。花見の時期には賑わうことだろう。




築山の脇は、ちょっとした和風庭園のようになっていた。やはり京都らしい。




この公園にはネコがいて、楽しみにしていたのだが、今回はOL風の女性が可愛がっていたので、近寄れなかった。

ちょっと太めで可愛いネコちゃんだ。撮影もしたかったが仕方ない。またの機会に。では先斗町公園を後にしよう。


再び先斗町を南へ

ここからまた先斗町を南へ進もう。夜は人並み溢れることだろうが、今回は午前中だ。人も少なく、撮影もしやすくて助かる。




という訳で先斗町を進もう。提灯の下がっている所がお茶屋さんだろう。意外と多そうだ。




また路地が現れた。石畳が良い感じだ。ただ本当に狭すぎて、人もすれ違えないのではないか。




提灯の下がっているところはお茶屋さんだ。戸が閉まっているが、おそらく夕方から開くのだろう。

ところで提灯に描かれた絵は、花街ごとに違っていて、先斗町は千鳥が紋章になっているという。




歩いていると、次々と路地が現れた。ここなどは鳥居を模したアーチがある。この先にお稲荷さんでもあるのだろうか。




今度はビルとビルの間の路地だ。やはり今はバーが多いのだろう。


どんどん道は狭くなる

さらに道は狭くなってきた。夜はどんな光景になるのだろう。肩がぶつかってしょうがない、と思うのだが。それをうまくかわすのが京都人か。




もはやメインストリートが路地みたいな感じだ。




と思ったら、ちゃんと路地もあった。一つ一つの路地には番号が振られている。ここは17番らしい。




和傘が風情あったので振り返ってみた。どうやら鴨川側のほうこそ、古い町家が残っているようだ。

反対の木屋町側は、ビルができているケースが多い。そしてバーやレストランになってしまっている。

推察すると、鴨川側は納涼床があって、人気が高いので、生き延びる事ができたのではないだろうか。




上の町家を覗くと、構造は昔のままに、納涼床まで土間が続いているようだ。ただし、ランチもやっているレストランになっている。これは時代の流れで仕方ない。




上の町家の二階部分。建物の端に、仁丹の看板があった。これは京都で本当によく見かける。


さらに先斗町を南へ

さらに先斗町を南へ進もう。今までの観察で、鴨川側は古い町家が比較的残っていて、木屋町側はビルに変わってるケースが多い、という事が分かってきた。

さらに店舗も、バーやフレンチレストランなど様々なものに変わっている。おそらく"伝統的建造物の保存" という思想ができる前に変わってしまったのだろう。




またお茶屋さんが現れた。ここは比較的綺麗だ。




さらに路地も発見。ここは21番らしいが、コイン酒場など大衆酒場があるのだろうか。




そしてお茶屋さんの標札。「京公許」の方は古く、「風俗営業」の方は新しいのだろう。ちなみに、お客さんにお酌をすれば、もう風俗営業の範疇に入る。




ではまた南へを進もう。遠くのビルが大きくなったような気がする。終点が近いのだろうか。




左側に鴨川へ抜けられる小広場があった。ここだけ不自然な広さなのだが、調べると、かつてここに橋が掛かっていたらしい。


四条通が近づいてきた

ようやく最終コーナーだろうか。四条通が近づいてきたような気がする。あと一踏ん張り頑張ろう。




またお地蔵さんを発見した。京都は本当にお地蔵さんが多い。一体全部で何体あるのだろうか。




続いて素晴らしい町家が現れた。おそらく昔はお茶屋さんだったのだろう。2件並んでるのも良いね。




町家の壁に「昭和の祇園写真展」のポスターを発見した。しみじみと眺めると、面白いのは、大八車を引いて野菜を売っているお婆ちゃん。これは良いね。




ではまた先斗町を南へ進もう。この辺りも、鴨川側に古い町家が何軒も残されているようだ。




振り返ってみた。雑多な街に生まれ変わって、したたかに生きる先斗町があった。やはり先斗町は面白い。


終点の四条通に到着

ついに終点の四条通に到着する。あっという間だった。有名な先斗町としては、物足りないかもしれない。では最後の一歩を踏み出そう。




四条通に到着した。「先斗町」と書かれた大きな石柱がある。四条大橋の近くなので、観光客はここから入る方が多いかもしれない。

現代の先斗町を歩いた。雑多な街に生まれ変わりながらも、古い町家もしっかり残っていた。京都人の強かさが感じられる街だった。


祇園東編へ続く予定〜お楽しみに>

#先斗町
#京都の花街
#京都の歴史散歩

竹田の子守唄を歩く(その4)〜竹田編〜

竹田の子守唄を歩く(その3)〜千本通編〜からの続き>


ついに今回が最終回。今まで「竹田の子守唄」の原曲の歌詞の順に、久世から吉祥を経て、千本通をひたすら歩いてきた。

最終回の今回は、千本通を離れて、竹田へ向かって歩く。歌のタイトルとなった竹田とは、一体どんな所なのだろうか。


小枝橋から歩き始める

鴨川にかかる小枝橋。京都の玄関口なので、地政学的にとても重要な橋だ。それが明らかになったのは、戊辰戦争だろう。

大阪から千本通を北上してきた幕府軍に対し、小枝橋を渡らせまいと薩摩軍が待ち構えていた。小枝橋の戦いが始まる。




京都側から小枝橋を渡り始めた。南側の風景を見ておこう。鴨川が見渡す限り広がっていて、空も広く開放的だ。ここで戦があったとは、とても思えない。

しかし戊辰戦争の発端となった「鳥羽伏見の戦い」は、ここから始まった。この左奥一帯で幕府軍と薩摩軍が衝突。京都へ入れまいとする薩摩軍が勝利した。




渡り終えると、すぐに堤防上の道を右折して、少し南下しよう。ちなみに、このままもっと南下すると、桂川との合流点に行き着く。

そこは、かつて「佐比(賽)の河原」と呼ばれ、京都庶民の死体捨て場だったらしい。まだ火葬が一般化する前の平安時代の話だ。

死者が出ると、千本通を運び、「賽の河原」で川に捨てる。死体は淀川を流れ下り、やがて海へ、そのまま黄泉の国へ、という発想だ。


のどかな風景に見えるが、そんな場所でもあった。




少し歩いてから右側を見た。この景色のあたりに旧小枝橋があったはず。今の小枝橋は平成に入って新しくできたもので、それまではここにあったようだ。

京都の玄関口だったために、戊辰戦争の舞台になったり、死者を運ぶ葬送ルートになったりと、暗いイメージだが、実際は、野の花咲くのどかな場所だった。




それでは左折して、この道を東へを進もう。やがて城南宮に到達するので、「城南宮通」と呼ばれているらしい。


立派な商家

その交差点の右側に、立派な商家があった。他人の家だが、古民家ファンの僕は非常に気になる。ちょっと見てみよう。




幾つもの建物が重曹的に連なっている。一体何棟あるのかも分からない。おそらく、かなりの豪商だったのだろう。

まず蔵が何棟もあるようだ。それに煙抜きのある母屋も見える。他は離れだろう。煙抜きがあるという事は明治か。




表側へ回ってみた。人影が見えたら声をかけてみるところだが、今回はそれも叶わなかった。なので、この家の由緒や家柄などは分からない。




この母屋の大きさは半端ない。何を営んでいたのだろうか。由緒ある千本通沿いで、しかも小枝橋の"たもと"という重要な立地。よほどの豪商だったに違いない。


鳥羽伏見の戦い勃発地の碑

そのまま東へ進むと、「鳥羽伏見の戦い勃発地の碑」の建っている交差点に着く。幕府軍と薩摩軍の間で心理戦、つまり駆け引きが行なわれた末に、幕府軍が暴発して、戦いが始まった。まさにここが戦場だった。




ご丁寧に説明用として、石柱2本、石碑1基、それに駒札(駒形の説明看板)まで設置されていた。重要さが伝わってくる。




駒札には詳しい説明があってありがたい。それによると、最初の暴発は、この先の赤池交差点付近だったらしい。

それを合図に、鳥羽離宮から、この交差点にかけてが、戦場になった。それは錦の御旗が掲げられるまで続いた。




もう一つ、ここが重要地点なのは、城南宮があることだ。東へ歩けば、本当にすぐそこに、城南宮がある。

そして、西へ向かえば京都市内へ、南へ進めば大阪市へ。まさに交通の要衝。異界の交錯する場だった。




では、ここからは千本通を離れて、城南宮通を東へ進もう。まっすぐ行くと城南宮は近い。

だが、せっかくここまで来たのだ。鳥羽離宮に寄ってみよう。この先を右折すればすくだ。


鳥羽離宮公園

平安時代後期は院政時代と呼ばれている。白河上皇鳥羽上皇後鳥羽上皇が、天皇に代わって権勢を振るった。

その舞台となったのが鳥羽離宮天皇の坐す御所に代わって、新たな宮殿となった。政治の中心地として栄えた。


どんな所なのだろうか。行ってみよう。




鳥羽離宮公園の入り口にやって来た。離宮跡地の一部が公園になっているらしい。もちろん一部であって、実際の鳥羽離宮は、城南宮を含む地域全体だったようだ。とにかく入ってみよう。




中はだだっ広い芝生広場になっていた。ここには南殿という重要な屋敷が建っていたらしい。その発掘調査が終わった後、公園になった。こうして保存されているのは嬉しい。




激しい雨が降ってきた。とりあえず東屋で雨宿りする。この公園には池があって、写真の東屋が造られていた。

京都市埋蔵文化財研究所の作成した図面によると、当時も池があり、それに面した屋敷が建てられていたらしい。

おそらくこの東屋は、それをモチーフに造られたのだろう。京都市の担当者はちゃんと考えてるなと嬉しくなる。




もちろん公園内には、鳥羽伏見の戦い勃発の地の石碑もあった。この地は離宮跡地であり、戦場跡地でもあるという因縁。まさに京都ならではの異界と言える。


城南宮へ向かう

鳥羽離宮公園を出て、次なる目的地の城南宮へ向かう。竹田へ行くには必ず通らなければならない地点にある。先ほどの城南宮通まで戻って、東へ進もう。




歩き始めると、すぐに国道1号線に出た。正面に城南宮の大鳥居も見える。ただ交通量が多いので、北側交差点まで大迂回して渡ろう。




国道を渡って振り返ってみると、和菓子司「おせき餅」というお店が見えた。なんと創業450年!戦国時代から続くという超老舗の和菓子屋さん。

元々別の所にあったのだが、昭和7年京阪国道の開通の際、現在地に移ってきたらしい。名物はおせき餅。城南宮参拝の土産として有名とのこと。




それでは城南宮へ、いざ参らん。


城南宮

城南宮は創建不詳だが、平安時代白河上皇が鳥羽離宮を造営したとき既にあった、というから、相当古い古社だ。離宮の鎮守として栄えたらしい。




城南宮の大鳥居が現れた。左側は神苑、右側は駐車場になっている。
ここで一段と雨が強くなってきたので、斎館の軒先を借りて休憩した。




少し歩くと左側に駒札が二つ建っていた。古くて読みづらいが、城南宮の説明用と、鳥羽伏見の戦いの説明用らしい。

それによると、鳥羽伏見の戦いの際は、ここも薩摩軍の拠点になり、大砲などが置かれていたという。ここも戦場だった。




城南宮本殿に到着した。早速お参りしよう。屋根がとても優美なのは、平安後期の建築様式で建てられたからだという。今は交通安全の神様としても有名。




本殿を辞して、また東へ歩き始めると、すぐ右側に神苑の「楽水苑」の入り口が現れた。ここは美しい庭園で有名らしい。

源氏物語に描かれた草木が植えられ、「源氏物語 花の庭」として知られているという。残念ながら今日は雨なので通過する。




城南宮の東側にある鳥居までやって来た。今日は雨だったので、あまり見られなかったが、美しい庭もあるようなので、ぜひ再訪してみたい。


城南宮通を東へ向かう

朝一番にJR桂川駅を出発したが、もう夕方に近い。だがここまで来れば竹田はもうすぐだ。最終目的地まで、あとひと踏ん張り、頑張ろう。




第二京阪の下までやって来た。ここに城南宮への道標が建っていた。かなり大きな石柱だ。やはり地域で重要視されているのだろう。




それでは第二京阪の下をくぐろう。この高速道路は、国道1号線とほぼ並行して大阪に向かっているらしい。

ところで第二京阪があるのだから、第一京阪があるのかと思ったら、それは無かった。紛らわしいじゃないか。

国道1号線(通称、京阪国道)のバイパスとして造られたから、2番目の京阪国道、つまり第二京阪というらしい。




そのまま東へ進もう。周りはマンションが並んでいる。戦後すぐの空撮写真だと、この辺りは農地だらけだった。

やはり国道1号線第二京阪など、アクセスが良いからこうなったのだろう。それに近鉄京都線も近いはずだ。




と思ったら、北側に空き地が現れた。周りはマンションだらけなので異様だ。おそらく元は農地だったのだろう。

ここだけ開発に取り残された、といったところだろうか。かつては、辺り全体が農地だった、という事が窺われる。


竹田に到着する

ようやく竹田に到達する。「竹田の子守唄」の舞台になった竹田とは、どんなところなのだろうか。「竹田もんば飯」と歌われたもんば飯とは、どんな食事なのだろうか。ゆっくりと歩を進めてみよう。




まずは東高瀬川が現れた。言わずと知れた角倉了以が江戸初期に開削した運河。京都の物流に革命を起こした水運動脈だ。

こんな所でお目にかかれるとは、思いもよらなかった。さらに言うと、その上にかかっているコンクリート橋は近鉄京都線




という訳で、近鉄の踏切を渡ろう。この左側の方向に、近鉄竹田駅がある。僕は近鉄沿線に住んでいた事があるので、馴染みの路線だ。

もちろん竹田駅も、降りた事は無いが、よく聞く馴染みの駅名だった。なので、「竹田の子守唄」の由来を初めて聞いた時は衝撃を受けた。




踏切の先の交差点を左折すると、また東高瀬川にかかる橋が現れた。平地なのに川も曲折して進んでいるようだ。その辺りは、あまり人口河川らしくない。




高瀬川を橋の上から眺めておこう。昭和に入って河川改修工事が進んで、三面コンクリートになってしまった。

それはしょうがないが、緩やかな曲線の流路は、何かを物語っている。わずかな高低差があったからではないか。


竹田の畑

「竹田のもんば飯」と歌われた竹田。「もんば飯」とは、おからと麦などを混ぜたものらしい。おからは言うまでもなく大豆のカス。

いゃ、栄養価が高いことから、今では見直されているが、昔は捨てられていた。

「もんば飯」しか食べるものが無かったというが、大豆畑も多かったのだろうか。ついに見つけた畑を眺めながら想像してみたい。




橋を渡るとすぐ右側に、いきなり畑が広がった。今は何も植えられてないので、何の畑かは分からない。ただ耕作されてるのは間違いない。




続いて、また別の畑を見つけた。橋を渡って、すぐ左側のアパートの先だ。こんな大きな畑が残っているなんて嬉しい。

きちんと耕作もされているようだ。まだ農家が残っているのだろう。ここでしばらく、もんば飯を思い浮かべようか。




中央に農道らしきものも見える。その段差から言って、おそらく昔は田んぼだったのではないだろうか。

稲作は大変なので、田んぼを畑に転用したのだろう。もちろん、それは全国の農村で見られた風景だった。




かつては、このような田んぼが、一面に広がっていたことだろう。「竹田の子守唄」の "原風景" がここにあった。

それは昭和の高度経済成長期に一気に失われ、辺り一帯は住宅地になった。面影を見つけるのも至難の業だろう。

もはや竹田の畑は、ここしか残っていない。しばらく佇んでいく事にした。近鉄電車が通っていくのを眺めながら。


竹田の集合住宅へ向かう

ではここから、竹田の中心地区へ向かおう。それは市営住宅の建っているエリアだ。昔の名残は残っているだろうか。




という訳で、また元の道に戻ろう。既に遠くに市営住宅が見えている・・・。




やがて、また近鉄の踏切が現れるので、ここを渡ると、、、




すぐに竹田の市営住宅が現れた。ここはまだ外れのほうで、他に何棟も建っているのが見える。いずれも、かつての劣悪な居住環境を改善するために、京都市が建てたものだ。


竹田の路地を歩く

この辺りには、市営住宅だけてはなく、古い住宅地もあるようだ。何かが残されてるかもしれない。路地を入ってみよう。




京都の街歩きの本などを読むと、必ず「京都は路地が面白い。路地を見つけたら迷わず入れ」などと書いてある。

僕も同じ意見で、過去に何度も、路地で面白いものを見つけてきた。なれば、この道の狭さは間違いないだろう。




すぐ右側に路地が現れたので曲がってみた。やはり古い町家が建ち並んでいる。これは嬉しい。

主に昭和の建物だろうが、一番右手前の町家は古そうだ。もしかしたら明治か大正かもしれない。


古い竹田の面影を見たようだ。




右側にお地蔵さんもあった。綺麗に整備されていて、信仰が続いているのだろう。やはりこの一画こそ、竹田の原風景に違いない。


松尾神社

竹田の原風景といえば、神社仏閣も忘れてはならない。地域住民の心の拠り所として、絶大な存在だったはずだ。ここでは松尾神社が中心地にあるらしい。行ってみよう。




吉仲商店と改進中央緑地の間に参道があった。右側に大きく松尾神社の石柱。この名前だと、有名な松尾大社を思い浮かべてしまうが、どうやら関係ないらしい。


では入ってみよう。




創建年代は不明だが、昔からこの場所にあったようだ。祭神は木花開耶姫命。立派は本殿を含めて、綺麗に整備されている。信仰が続いているのだろう。




こちらは西側の参道入口。やはり綺麗に整備され、地域の信仰が窺われる。


松尾神社。とても良い雰囲気だった。


再び竹田を歩き回る

ここから再び竹田の中心地を見て回ろう。松尾神社の周りに、いろいろなものが残っているようだ。




まずは松尾神社の北隣にある吉仲商店。なんと焼肉屋さんらしい。見事な入母屋屋根の和風建築なので、そんなふうには見えないが(笑)




そして焼肉屋さんの向かい側には、超立派な市営住宅が建っていた。もはやマンションと言っていいレベル。

もちろんここも、劣悪な住環境を改善するために、京都市が建てたものだ。本当に京都市の施策は素晴らしい。




市営住宅の南隣には、西教寺というお寺もあった。浄土真宗本願寺派の寺院とのこと。ここも地域の拠り所だったことだろう。




松尾神社の北側には、京都市立改進浴場。ここも地域の衛生環境改善のために、京都市が建てたものだ。

ところで改進浴場の「改進」とは、改進地区という名前から。

改進とは、いかにも行政が後から付けた、という雰囲気が溢れている。昔ながらの竹田の方が良くないか。


改進中央緑地

松尾神社の南側には、改進中央緑地という大きな広場がある。ちょっとした公園になっているようだ。目を引く建物が見えるので入ってみよう。




まず見つけたのは、火の見やぐら。これは珍しい。きちんも説明看板もあって、それによると、名前は「竹田火の見やぐら」。大正12年築で、国登録有形文化財とのこと。これも地域のシンボルだったのだろう。




火の見やぐらの隣には、レンガ造の建物があった。かなり古そうで、大正時代かもしれない。「展示室」と書かれているが、何だったのだろう?

僕の勝手な想像だと、最初は消防団の倉庫として建てられ、消防団が無くなった後は、竹田地区の資料館として使われてきたのではないか。




ところで改進中央緑地は、だだっ広い草地になっている。一部は公園のようだが、あまり使われていないようだ。

戦後の空撮写真を見ると、ここも住宅地だった。今の市営住宅ができたので、解体撤去され、公園になったらしい。




改進中央緑地の東隣には、「いきいきセンター別館」があった。ここも地域のコミュニティ施設として、京都市が建てたものだ。

同じ名前の施設は、久世にも吉祥にもあったので、京都市は積極的に建てていった事が分かる。京都市の福祉行政の成果だろう。


近鉄をくぐって東へ

いきいきセンター本館というのが、もっと東側にあるらしい。そこを目指して歩いていこう。




いつのまにか近鉄は高架になっていた。そこをくぐっていく。


ところで、近鉄京都線が開業したのは昭和3年だが、すでにその当時から、この辺りは高架になっていたようだ。

この先で竹田街道と交差するのだが、当時は街道を市電が走っていたので、平面交差になるのを防ぐためらしい。

という事は、この高架橋もその頃のものか。表面はモルタルや鉄板で化粧されているが、中身は昔のままだろう。




などと想像しながら東側へ歩いていくと、古い町家が連なっていた。昭和に入ってからだろうが、良い感じの町家が並んでいる。

特に後で分かったことだが、中央の白壁の民家は、ゲストハウスになっていた。京都は本当に凄い。どんな所でも宿屋になれる。




ついに「いきいきセンター本館」に到着した。今回の旅の最終目的地みたいなものだ。

「いきいき」という名前はどうかと思うが、京都市の福祉政策の素晴らしさが実感できる。

今でこそハコモノ政策は嫌われているが、貧しかった時代においては必須だったのだろう。


竹田を出て近鉄伏見駅

これから帰路に着く。竹田街道を歩いて、近鉄伏見駅を目指そう。




いきいきセンターの前の道は国道24号線。実は、かつての竹田街道だ。その道を南下すると、すぐに再び近鉄の高架が現れた。




そのまま南下すると、すぐに七瀬川を渡る。小さい川だが自然河川で、川沿いは遊歩道も整備されていた。




そのまま真っ直ぐ進むと、変則交差点が現れた。竹田街道は真っ直ぐ進むが、僕らはこの先を左折する。

ところで前も言ったが、かつてこの道を市電が走っていた。明治28年に開業した京都市電伏見線だ。

日本初の路面電車だったのだが、昭和45年に廃止され、50年以上も経過した。もはや何の面影もない。




左折してしばらく歩くと、良い感じの長屋が連なっていた。これは京都だけではなく、関西に多いスタイルだ。戦後すぐに建てられ、ほとんど賃貸のようだ。




ついに近鉄京都線伏見駅に到着した。先ほども言ったように、この高架も昭和3年に造られたものだ。

今回改めて感じたのは、京都市の福祉政策の素晴らしさ。あの時代によく細やかな対策が取られたと思う。

それにしても、朝一番から歩き始めて、もはや夕方になっていた。体は非常に疲れたが、心は満足していた。

〜〜〜 終わり 〜〜〜



#竹田の子守唄

竹田の子守唄を歩く(その3)〜千本通編〜

竹田の子守唄を歩く(その2)〜吉祥編〜からの続き


赤い鳥が歌ってヒットした「竹田の子守唄」。その原曲の歌詞には「久世の大根めし 吉祥(きっちょ)の菜めし またも竹田のもんば飯」とあった。

その歌詞の順に、久世から吉祥を経て竹田へ歩いていこう、というブログの第3回目。今回は吉祥から竹田へ向かって歩いていく。千本通編だ。


千本通を歩き始める

千本通は、過去に何度かブログで取り上げた事がある。「蓮台野への道を歩く」では、死者を葬送地まで運ぶ道として、千本通を取り上げた。

明治維新を歩く」では、官軍の敗走ルート。鳥羽で敗れた官軍は、千本通を敗走し、さらに淀で壊滅され、最後は千本通の脇に埋められた。

どちらも共通しているのは、死者にまつわること。「千本の卒塔婆が建っていたから、"千本通"の名が付いた」と言われているのも頷ける。




この道が千本通。右側は古くからの住宅地で、左側はビニールハウスのようだ。早速、歩き始めよう。




左側のビニールハウスは、どうやら花農家の栽培施設らしい。この辺りは、元々農村地帯だった、ということが分かる。




そのまま右側を見ると、町家が何軒も連なっていた。一番手前の家は、ファサード(建物前面)が看板建築になっていて面白い。




続いて左側に古い町家が現れた。今はもう住んでいないのだろうか。板壁が破れて、土壁が見えている。




らさに左側に立派な町家。これは素晴らしい。手入れもされて、保存状態も良さそうだ。旧街道らしい趣きを感じる。




続いてまた立派な町家。1階の格子窓と2階の虫籠窓が美しい。漆喰がちょっと緑色っぽく塗られているのも粋だね。




その隣には蔵もあった。基礎が高く石積みされているのは、川が近いからだろうか。




また町家だ。まぁ何ていうか、次々と現れる町家は、どれも趣きがあり、保存状態も良く素晴らしい。早くも興奮しまくりだ。


久世橋通を越えてさらに南下する

僕らはさらに千本通を南下するのだが、その前に、この道がいかに重要だったか、ということを話しておこう。

実は、千本通は北に向かうと平安京の羅城門に突き当たる。平安京の正面玄関であり、メインストリートだ。

さらに北進すると朱雀大路、そして朱雀門に突き当たる。まさに天皇の座す大内裏の真正面に至るという訳だ。


その重要性が分かっただろうか。




久世橋通が現れた。例の久世橋からやって来た道だ。ここを横断して、さらに南へ進もう。




すぐに右側に、見事な町家が現れた。やはり1階の格子窓と、2階の虫籠窓が美しい。

それに特徴的なのは道路際の犬矢来。やけに直線的なのは、何かの意匠なのだろうか。




その町家に隣接して蔵があった。窓の配置が特徴的だが、収納品の換気の都合なのだろうか。

それと、母屋の屋根に見える煙抜きも特徴だ。竈門があったという事は、明治の築だろうか。




この町家も豪快だ。2階が大きいので、ちょっと新しいかもしれない。それにしても、次々と現れる町家の数々に興奮しきりだ。




その隣、駐車場の中にお地蔵さん。




こちらも見事な門と蔵だ。由緒ある家柄と思われるが中は見えない。




この町家は、屋根の煙抜きが特徴。それにしても、完全に町家めぐりになっている。古民家に興味ない人には申し訳ない。




左隣には蔵。こちらは農家じゃないので、商家の蔵だろうか。あと一段高くなってるのは、水害から商品を守るためか。




こちらも屋根の煙抜きが特徴の商家。門の質素な佇まいは家柄をしのばせる。




こじんまりとした町家。おそらく奥に長いのだろうが。手前にお地蔵さんも見える。




町家の手前にあるお地蔵さん。正しくは薬師町地蔵尊というらしい。




すぐ隣にもお地蔵さんがあった。京都は本当にお地蔵さんが多い。そのお地蔵さんの祭りの「地蔵盆」も京都では盛んだ。


行住院

やがて行住院というお寺が現れる。安土桃山時代天正元年の創建という浄土宗の古刹だ。

当初は別の名だったが、宮良純親王からこの名を賜ったという。宮家ゆかりのお寺でもある。


早速、見てみよう。




行住院(その1)。正面には見事な山門があった。その左奥には薬師堂、右奥には大日堂があり、それぞれ薬師如来大日如来を祀ってあるらしい。




行住院(その2)。中に入ると、整備された美しい庭園があった。その正面には特徴的な屋根の本堂が見える。




行住院(その3)。本堂に近づいてみた。本当に屋根の形が複雑だ。日本の大工さんの技術には恐れいる。

この本堂は江戸時代の明和2年築というから、約250年前の築だ。立派な歴史的建造物と言えるだろう。

さらに近年、"平成の大修理"も行われた。このお寺にはWEBサイトがあって、丁寧に紹介されている。




行住院(その4)。敷地内には蔵もあった。お寺の大事な宝物が収納されているのだろう。ここでは、やはり基礎が高いことに注目したい。


さらに千本通を南下する

千本通の重要性は前に伝えた。平安京朱雀大路だったこと。天皇の座す大内裏の真正面に至ること。まさに中心街路だった。

平安時代が終わると、朱雀大路の役割も終わり、千本通と名を変えた。しかし羅城門に至る道路という重要性は変わらなかった。


京都と大阪を結ぶ重要街道となった。僕らは大阪方面へ南下しよう。




すぐにお地蔵さんが現れた。岩ノ本町57地蔵尊というらしい。




また良い感じの蔵があった。外壁は直されているが、相当古いだろう。




ここで道路は、ちょっとクランク気味に曲がっているようだ。僕らはそのまま南下しよう。


浄禅寺

クランク交差点の角に、浄禅寺というお寺がある。平安時代の1182年(寿永元年)の開山と伝えられる古刹だ。正式名称は、浄土宗西山禅林寺派・総本山永観堂末刹寺・恵光山浄禅寺という。早速見てみよう。




浄禅寺(その1)。立派な山門が現れた。左側に「南無延命地蔵大菩薩」と掘られた巨大石柱がある。ここは「京の六地蔵」の一つ、「鳥羽地蔵」のお寺としても有名だ。




浄禅寺(その2)。山門の右側には「恋塚浄禅寺」と掘られた石碑もあった。普段そう呼ばれているらしいが、「恋塚」とは、何か"いわく"ありげだ。

平安時代の武士、遠藤盛遠は人妻に恋して、その夫を殺して妻を略奪しようとした。気づいた妻は一計を案じ、夫の身代わりとなって殺された。

それを知った遠藤盛遠は、自らの罪を悔いて出家し、全国を修行して回り、妻の菩提を弔うため、当寺を開いたという。それ故、恋塚とは妖異也。




浄禅寺(その3)。正面には六角堂があった。ここには地蔵菩薩像が安置されている。何と小野篁(おのの たかむら)ゆかりの地蔵尊らしい。小野篁はかつて散々訪ねて回った。

平安時代小野篁が初めて冥界へ行った際に、地蔵尊を拝んだことで蘇った。そのため六体の地蔵を彫ったのだが、その内の一つとの事。予想外に小野篁と出会えて嬉しい。




浄禅寺(その4)。こちらが本堂。本尊の阿弥陀如来立像が安置されているらしい。




浄禅寺(その5)。手水舎は素朴で良い感じだ。地蔵地下水という名前で、「飲めます」と書いてある。さすが地下水の豊富な京都らしい。

それにしても、このお寺では、予想外に様々なものに出会えた。特に小野篁は研究していただけに嬉しい。さすが千本通、という他ない。


千本通は素晴らしい

ここからまた千本通を南下する。それにしても、千本通がこれほど凄いとは思いもよらなかった。歴史的に重要な街道とは知っていたが、次から次へと"異界"が現れる。本当に千本通は素晴らしい。




浄禅寺を越えて歩き始めると、またすぐ左側に立派な蔵が建っていた。やはり基礎の石積みが非常に高いことに注目したい。ここは鴨川と桂川の合流エリア。常に浸水と隣り合わせなのだ。




また左側に良い感じの町家。2階の虫籠窓が素晴らしい。やはり基礎が高いのが特徴だ。




続いて右側に、素晴らしい町家が現れた。紅殻(べんがら)色と白漆喰の対比が非常に美しい。保存状態も良さそうで、大事に使われていることが窺われる。




美しい町家の左端にお地蔵さんもあった。西浦町地蔵尊というらしい。こちらも花が手向けられ、信仰が続いていることが窺える。




しばらく歩くと、また左側に良い感じの町家。二軒並んでいるうち、左側は江戸末期か明治、右側は昭和だろうか。

それと、共産党のポスターが貼ってあるが、実は京都各地で見かけた。京都は共産党が強い、という事がよく分かる。


小枝橋に近づいてくる

千本通は、「明治維新を歩く」でも取り上げた。京都と大阪を結ぶ街道だったので、官軍と幕府軍が衝突した戊辰戦争の舞台となったのだ。

大阪から千本通を北上してきた幕府軍と、京へ入れまいとする官軍。彼らは、この先の小枝橋付近で戦った。それを「小枝橋の戦い」という。




小枝橋に近づいてきた。この辺りになると、街道沿いに畑が多くなる。鴨川と桂川という二大河川の合流エリアなので、肥沃な土壌なのだろう。




今度は左側に、また良い感じの町家だ。二軒連なっているうちの左側は、ファサードのタイルが特徴的で面白い。

右側は、2階の虫籠窓の雰囲気から、江戸末期か明治初期といったところだろうか。どちらも本当に素晴らしい。




さらにしばらく歩き続けると、高速道路の高架橋が見えてきた。名神高速道路だ。その下をくぐろう。




高速をくぐると、すぐ左側に小枝橋が現れた。かつて戊辰戦争の舞台となった旧小枝橋は、この右手にあったらしい。今は新しい小枝橋ができて、古い橋は壊された。


さて今から、この新しい小枝橋を渡って、戊辰戦争の舞台へ向かおう。


<最終回/竹田の子守唄を歩く(その4)~竹田編~へ続く>


#竹田の子守唄
#千本通
#鳥羽街道

竹田の子守唄を歩く(その2)〜吉祥編〜

竹田の子守唄を歩く(その1)〜久世編〜からの続き>


赤い鳥が歌って大ヒットした「竹田の子守唄」。その原曲には次のような歌詞があった。

「久世の大根めし 吉祥(きっちょ)の菜めし またも竹田のもんば飯」

その順番通り、久世から吉祥を経て竹田へ歩いていこう、というブログの第2回目だ。


今回は吉祥周辺を歩いてみよう。


久世橋から歩き始める

久世橋に到着する。桂川に架かっている橋は意外と少ないので貴重な橋だ。もちろん交通量も多い。僕らはこの橋を渡って、北東方向の吉祥を目指すことになる。




久世橋を歩き始めた。鉄骨トラスが見事で、とても迫力がある。昭和29年完成というから、立派な近代建築といえるだろう。

橋マニアの間でも名橋として知られているらしい。確かに鉄骨トラスは人工美を感じる。しばらくトラス橋を堪能しよう。




橋の上から桂川の上流方向を眺めてみた。あまりにも雄大で、完全に湖のようだ。まさに大河と言うに相応しい。これだけでも見に来る価値がある。




やがて橋を渡り終えたので振り返った。ちなみに昭和29年完成のトラス橋は、北側にある東行きだけ(写真正面)。

南側の西行き(写真左側)は、後からできた普通の橋で、一応「新久世橋」という名前まで付いて区別されている。


西国街道を北上する

久世橋を渡り終えると、すぐ左側に西国街道がある。京都を起点に、西宮を経て、九州まで続く街道だ。ここからは、その道を北上して祥鳥橋通を目指そう。




旧街道に見えないが、この道が西国街道だ。すぐ左側は桂川の河川敷。では歩き始めよう。




すぐ右側に立派な屋敷が現れた。古民家ではないが、旧家である事は間違いない。なぜなら奥に立派な蔵が建っている。大地主さんだったのだろう。




そのままどんどん北へ進もう。左側は相変わらず桂川の堤防だ。




すぐ左側にお地蔵さんが現れた。モルタル製の祠は珍しい。ところで後ろの樹は御神木なのだろうか。




しばらく歩くと、また左側に愛宕山大権現の常夜灯だ。これを見ると、旧街道らしさが感じられるね。




良い感じの町家もあった。戦後の築だろうけど。この辺りに古民家が少ないのは、桂川堤防工事の関係もあるのだろう。


祥鳥橋通を東へ進む

やがて祥鳥橋通に到着する。戦後に新しくできた道らしい。それを東へ進めば、吉祥はもうすぐだ。




祥鳥橋通が現れた。この道をまっすぐ進もう。




すぐ左側に古い民家があった。戦後の築かもしれないが、屋根の形が良い感じだ。




やがて大きな道路が現れた。西国街道のバイパスとして、新しく造られた道らしい。交通量も多い。ここはそのまま横断して東へ進もう。


吉祥に到着する

ようやく吉祥に到着する。正しくは吉祥院(きっしょういん)と言うらしい。僕らは歌にあわせて吉祥と呼んでいるが・・・。

「吉祥の菜めし」と歌われた吉祥。貧しかったので、「菜めし」、つまり「大根葉」しか食べられなかった事が歌になったという。


その痕跡は残っているのだろうか。




吉祥に入ると、すぐ右側にプランターだらけの長屋があった。これは凄い。ここまでやると見事という他ない。




続いて左側に、塀に囲まれた和風豪邸が現れた。昔ながらの地元民ではなく、おそらく新しい住民だろう。このように吉祥も変貌している訳だ。




その右側に京都市吉祥院浴場があった。かつては貧しい地域だったので、どの家にもお風呂が無かった。

そこで、衛生環境改善のために、京都市が建てたものだ。こういった京都市の施策は、本当に素晴らしい。




さらに、「吉祥院いきいきセンター」という施設もあった。地域のコミュニティ施設として、京都市が建てたものだ。これも京都市の福祉行政の成果と言えるだろう。


西教寺

地域住民の心の拠り所となったであろう神社仏閣。ここには西教寺というお寺があった。早速見てみよう。




西教寺(その1)。浄土真宗本願寺派の寺院で、正しくは麻布山西教寺という。詳しい由緒は分からない。




西教寺(その2)。立派な山門。犬矢来が良い感じだ。残念ながら門が閉まっていて、中は伺うことができなかった。




西教寺(その3)。鐘楼も建っていて、一通りのものは揃っているようだ。かつて地域の行事などは、このお寺が中心になって行われたのだろう。心の拠り所だったはずだ。


吉祥の畑

竹田の子守唄で、「吉祥の菜めし」と歌われた吉祥。「菜めし」とは大根葉を混ぜた麦飯らしい。それしか食べられないほど、貧困だったという。

戦後すぐの写真をみると、この辺り一帯は、純農村地帯だったようだ。畑の中に集落が点在していた。どこかに、その名残りはないだろうか。




吉祥の畑(その1)。探し回ってみると、一カ所だけ畑が見つかった。それほど住宅地化が激しかったのだろう。僕としては、残っているだけでも嬉しい。




吉祥の畑(その2)。国交省の空撮写真を見ると、昭和の高度経済成長期に、住宅が建ち並んでいったようだ。日本全国どこも同じだね。やがて写真のようにマンションまで建つようになっていった。




吉祥の畑(その3)。そんな中、こうして、まとまった畑が残っているだけでも奇跡的だろう。ここで、しばらく「菜めし」を思い浮かべて過ごそうか。


吉祥を出て東へ

吉祥を歩き回ったので、次なる目的地の竹田へ向かおう。それには、吉祥橋通を東へ進んでから、千本通を南下することになる。


まずは吉祥橋通を目指そう。




という訳で、畑の前の道を、東へ歩き始めた。




すると、すぐに変則的な交差点にぶつかった。クランク交差点が二つ連続しているような形状だ。1つ目の交差点は直進して、2つ目の交差点は右折する事になる。

ここで注目したいのは、北から合流してきた道だ(写真中央)。これは洛中の西大路から南下してきた道で、「西院(さい)の河原」のある高山寺と直接繋がっている。


ここは京都の西の果てという訳だ。




二つ目の交差点を右折しよう。この道は西大路を南下してきた道で、まっすぐ進むと「賽の河原」に通ずる、という伝承もあるらしい。

賽をもじって西院になった、とも言われている。いずれにしろ京都の西の果て、という事に違いない。僕らはその道を南へ進んでいく。


祥鳥橋通を東へ

やがて吉祥橋通が現れる。先ほども歩いてきた道だ。ここを東へ進んで、千本通を目指そう。




この道が吉鳥橋通。周りは普通の住宅街のようだ。東へ歩き始めよう。




しばらく歩くと、西高瀬川が現れた。ここは吉祥院下水処理場を中心としたY字河川エリア。写真は下流側を眺めたところで、反対側に下水処理場がある。

西高瀬川は、嵐山で桂川から取水して、伏見で鴨川に合流する人工河川。途中の千本通三条までは角倉了以が造成して、下流は明治3年に京都府が造成した。




上流側には下水処理場が見えた。昭和9年に造られた京都市最古の下水処理場だ。ここや鳥羽で処理された下水は、淀川水系に放流される。

ところで下流大阪府は、さらにその水を取水して、飲用水として使っている。もちろん浄水場で処理された水だから、安心して良いのだが。




また下流側にミニ河川が現れた。Y字エリアの右側だ。すぐ先でY字の合流部分が見える。

京都は意外と河川が多い。"水の都"と言う人もいるくらいだ。それを調べた本も出ている。




ではY字河川エリアを過ぎて、そのまま東へ向かおう。千本通はすぐそこだ。



(続きは「竹田の子守唄を歩く(その3)~千本通編~」へ


#竹田の子守唄
#吉祥院
#吉祥

竹田の子守唄を歩く(その1)〜久世編〜

赤い鳥が歌って大ヒットした「竹田の子守唄」。その原曲は、京都市の竹田地区に伝わる民謡だが、次のような歌詞があった。


「久世の大根めし 吉祥(きっちょ)の菜めし またも竹田のもんば飯」


赤い鳥のリーダー後藤は、原曲を聞いたとき、この歌詞こそキモだと感じたという。それを歌いたかったが、断られたらしい。

後藤の直感は正しかった。貧しさを伝えるこの部分こそ、この歌の価値を高めるものだった。やがて許可を得て歌いだした。



僕にとっても、久世や竹田は馴染みのある地名だったので、聞いた時は衝撃だった。どうしてもそこに行ってみたくなった。

歌詞の順番通り、久世から吉祥、そして竹田へと、歩いて回ることにした。今回はその探訪記の1回目。久世編という事になる。



※ 「竹田の子守唄を歩く」と言っておきながら、それ以外も寄り道する事あらかじめご了承頂きたい。異界があれば寄る主義だ。


JR桂川駅から歩き始める

久世から吉祥を経て竹田まで歩いて巡るなんて、おそらく地元の人にとっては考えられないだろう。

僕も最初は無理かと思ったが、Googleマップで徒歩時間を調べてみると、歩けることが確信できた。


という訳で京都へ向かった。まずはJR桂川駅から歩き始めよう。




朝一番にJR桂川駅に到着した。メインターミナルは西口らしいが、東口にも乗降口があった。早速、東へ向かって歩き始めよう。




すると、すぐ右側に立派な旧家を発見した。背の高い見事な蔵付きだ。かつては豪農だったのだろう。




ここで左側に旧道が現れたので、そちらに入ろう。


旧道を歩く

この辺りは、まったく普通の住宅地になってしまったが、昭和の高度経済成長期までは、純農村地帯だった。

なので旧道を歩くと、純農村地帯だった頃の名残りが、きっと現れるに違いない。そう信じて歩き始めよう。




すぐ左側に小いさな社を発見した。お稲荷さんらしい。やはりあった。農村地帯だった頃の名残りだろう。




ここから次々と農家が現れる。一軒一軒、特徴があって面白い。どんどん見ていこう。

まずこのお宅は、母屋の屋根の煙抜きが特徴的。竈門(おくどさん)があったのだろう。




こちらのお宅は全身板張りになっているが、昔は土壁だったはずだ。そして手前は蔵だったのではないか。




こちらは納屋が良い感じだ。母屋も、2階の虫籠窓が良いね。




こちらは長屋門というより、"半"長屋門といった感じだろうか。




左右に蔵が二軒。どちらも土壁が美しいが、真ん中の工事がちょっと気になる。




こちらも母屋の屋根の煙抜きが良いね。右側の離れ(?)の虫籠窓も美しい。




ほとんど農家巡りだ(笑)、などと思いながら歩いていると、お地蔵さんも発見した。花が手向けられ、丁寧に祀られている。




今度は愛宕山大権現の常夜灯が現れた。京都はメチャクチャ多い。この常夜灯が。




やがてバイパスに合流した。これは振り返ったところで、右側が今歩いてきた旧道、そして左側が新しくできたバイパスだ。


バイパスを横断する

バイパスは幹線道路らしく交通量も多い。歩道橋があったので、それを上がって、南へ横断しよう。




歩道橋を上がった。この辺りは高い建物が無いので、開放感があって気持ち良い。周りの景色も見てみよう。




歩道橋からの景色(その1)。まずは西側を望む。今通ってきた旧道とバイパスの位置関係がよく分かる。遠くに京都の西山。




歩道橋からの景色(その2)。続いて東側を望む。もうすぐそこは桂川だ。遠く右側は伏見の山並み。




歩道橋を降りると、すぐ右側に水路と、水路へ降りる階段があった。これは農業用水路だろう。という事は、周囲の住宅地も、田んぼを埋め立てて造られた、という事が窺える。




その隣に、良い感じの母屋と蔵があった。その先の角を右へ曲がると西国街道だ。


西国街道を南下する

ここからは西国街道を南下しよう。歴史ある旧道なので、また古い建物もありそうだ。




ではこの道を歩いていこう。早速、右側に凄い旧家が見えている・・・




という訳で、すぐ右側の建物。これは農家というより町家だろう。二階の虫籠窓が美しい。明治初期か、もしかしたら江戸時代の築かもしれない。




また愛宕山大権現の常夜燈があった。これは愛宕山大権現に参詣するための街灯みたいなものだ。本当に京都には多い。




また町家だ。これは立派過ぎる(笑)。何か商売をされていたのだろうか。1階の黒格子と白漆喰の対比が美しい。それに2階の虫籠窓も美的センスが良いね。




続いて蔵が現れた。これも古そうだ。漆喰や腰板などの外壁部分は直されているが、基礎の石積みを見ると古さが分かる。明治だろうか。


久世に到着する

ようやく久世に到着する。「久世の大根めし」と歌われた久世。どんな所なのだろうか。




久世に入ると、すぐ目の前に大きな体育館が現れた。この隣には学習センターもあって、どうやら地域のコミュニティ施設ということが分かる。




続いて市営住宅。何棟も建ち並んでいた。久世の住宅環境改善のために京都市が建てたものだ。




その隣には「いきいきセンター」というコミュニティ施設。これも地域環境改善のために京都市が建てたもの。




今度は京都市立久世浴場。この公衆浴場も、衛生環境改善のために京都市が建てたもの。本当に京都市の施策は素晴らしい。


金蔵寺地蔵尊

久世の人たちの "心の拠り所" となったのは、神社仏閣などの信仰施設だろう。それも見て回ろう。




金蔵寺(その1)。久世のほぼ真ん中に、金蔵寺というお寺があった。立派は山門が出迎えてくれる。早速、入ってみよう。




金蔵寺(その2)。美しい中庭を持つ小さなお寺だった。久世には神社が無いので、このお寺が信仰拠点だったのだろう。




とはいえお地蔵さんは、しっかりあった。大築町地蔵尊というらしい。これも久世のほぼ真ん中。


久世の農地

「久世の大根めし」と歌われた久世。大根しか食えなかった時代があった。それくらい貧困だった。その象徴となった大根畑は残っているのだろうか。探してみよう。




久世の農地(その1)。探し回ってみたが、まともな農地は二ヶ所しか残っていなかった。それでも見つけられたので嬉しい。

何も植えられてないので、大根かどうかは分からない。でも整地されているので、農家が何かを作っているのは間違いない。




久世の農地(その2)。戦後すぐの写真を見ると、辺り一帯は畑だらけだった。それが高度成長期に入ると一変する。

住宅が建ち並ぶようになり、農地が消滅していった。久世の大根畑も、きっとその頃無くなったいったに違いない。

でもこうして、一部でも農地が残っているのは嬉しいことだ。ここでしばらく「久世の大根」を思い浮かべよう。


久世橋へ向かう

久世を出て、次の目的地の吉祥に向かおう。ここからは、桂川の堤防の上の道を歩いて、久世橋を目指す。




久世を出ると、道は二又に分かれていた。左側は来るとき通った道で、右側はこれから歩いていく道だ。では歩き始めよう。




堤防の上の道にやって来た。やはり開放感があるね。




桂川のほうを見てみよう。景色も良いね。遠くに見えるトラス橋が久世橋だ。




久世橋の西詰め付近まで近づいてくると、素晴らしい総2階町家が現れた。かなり古そうだし、規模もメチャクチャ大きい。

これは「遊船料理いづみや」。桂川に船を浮かべて、料理を食べながら一杯、という事ができるらしい。凄い建物が見られた。




ようやくバイパスまで戻ってきた。この右側が久世橋だ。まずは北側へ横断しよう。




正面に立派な鉄骨のトラス橋が見えた。ちなみに、この橋も昭和29年完成というから、立派な近代建築と言えるだろう。


ではこれから久世橋を渡ろう。



竹田の子守唄を歩く~吉祥編~へ続く)



#竹田の子守唄
#赤い鳥
#久世

安倍晴明を歩く(その3)〜嵯峨墓所編〜

平安時代陰陽師安倍晴明。その足跡を訪ねて回ろうというブログだ。今回は三部作の最終回と考えている。

初回は官僚としての足跡を訪ねて回り、二回目は伝説の場所を訪ねて回った。最終回の今回は墓所を訪ねたい。

安倍晴明墓所といえば、日本各地に伝承地がある。さすが伝説の人らしいが、今回は "公式" の墓所を訪ねる。

それは嵯峨にあった。


※「安倍晴明を歩く」と言っておきながら、それ以外も寄り道する事ご了承頂きたい。異界があれば寄る主義だ。


嵯峨嵐山駅から歩き始める

先ほど日本各地に伝承地があると言った。その理由として「安倍晴明の力を利用されるのを恐れて、本当の墓所が分からないようにした」と言われている。

もちろん、そんな話は後世の後付けだろう。「平家の落人伝説」が日本各地にあるのと同じようなものだ。安倍晴明も人気者だから、伝説が量産された訳だ。

あくまでも、僕らは "公式" の墓所に向かおう。




JR嵯峨嵐山駅に到着した。ここは嵐山や渡月橋などの玄関口。さすが有名観光地だけあって観光客が多い。その多くは渡月橋などのある西へ向かって歩いていく。

僕らは、観光客のいない南方面へ向かって歩き始めよう。




歩き始めると、すぐに嵐電の踏切があった。正式名称は京福電気鉄道嵐山本線というらしい。目の前は嵐電嵯峨駅


長慶天皇

嵐電を過ぎると、すぐ右側に長慶天皇陵の参道があった。長慶天皇とは、南北朝時代南朝方の天皇らしい。

あまり知られていないが、その御陵(お墓)がここにあるという。天皇の御陵とは珍しいので寄ってみよう。




長慶天皇陵(その1)。ここが参道入口だ。左側の石柱に「長慶天皇陵参道」。公式の天皇陵なので、宮内庁が管理している。

僕は過去に、幾つかの天皇陵に参拝したことがあった。どこも凛とした厳かな雰囲気だった。今回も期待して入っていこう。




長慶天皇陵(その2)。敷き詰められた白砂が、実に丁寧に掃き清められている。期待は裏切らなかった。

長慶天皇 嵯峨東陵(ちょうけいてんのう さがのひがしのみささぎ)。誰もいない中、一人静かに参拝した。




長慶天皇陵(その3)。その隣には、長慶天皇の皇子、承朝王のお墓もあった。こちらは緑に囲まれて、優しい雰囲気。手を合わせて、静かに退いた。




さて、ここから安倍晴明墓所へ向かうには、大回りをしないといけない。どこか抜け道はないかと探してみたら、すぐに北西角に見つかった。

この植木の隙間から、外に出られるようだ(写真奥が天皇陵参道で、手前が一般道)。近所の住民の抜け道なのだろう。ここから南へ向かおう。


安倍晴明墓所

長慶天皇陵に沿って南から東へ歩いていくと、ついに到着する。"公式"の安倍晴明墓所だ。

"公式"というのは、晴明神社が決めたからで、まぁ晴明神社なら"公式"といって良いだろう。

という訳で早速訪ねてみよう。




安倍晴明墓所(その1)。普通の住宅街の中の、普通の道のようだ。だが、よく見ると左側に何か見える。鳥居のようにも見えるが、まさか、あそこだろうか?




安倍晴明墓所(その2)。やはりここだった。左側の石柱に「安倍晴明公嵯峨御墓所」と書かれている。間違いない。

それにしても小さいね。通り過ぎてしまいそうだった。あの有名な大スターの墓所としては寂しくないだろうか。




安倍晴明墓所(その3)。まぁ細かいことを言ってもしょうがない。とにかく参拝しよう。正面に見えているのが墓石だ。

安倍晴明ブームの最盛期には、ここに大勢のファンが押しかけたらしい。普通の住宅地なので、地元民は困っただろう。

何ともそれらしく無いのも、安倍晴明らしい、という事か。いゃむしろ、「京都の重層性」と言った方が良いかもしれない。

僕らは散々見てきたはずだ。歴史が深過ぎて、何周も回っている姿を。京都は特別な事が普通になり過ぎて、今がある。




安倍晴明墓所(その4)。満開の桜が綺麗だった。癒される。安倍晴明は伝説のヒーローなので、どこに眠っていても安倍晴明なのだろう。

これで、安倍晴明の三部作は、一旦終わる。でもまた、いずれ取り上げるかもしれない。京都を代表する、"異界" のヒーローなのだから。



〜〜〜 終わり 〜〜〜

安倍晴明を歩く(その2)〜下京編〜

前回のブログでは、実像の安倍晴明を訪ねて回った。その結果サラリーマンとして朝廷に仕えていた姿が分かっただろう。

そこで今回は、虚像の安倍晴明を訪ねてみたい。"伝説の安倍晴明" と言っても良い。映画やアニメなどで語られるほうだ。

もちろん虚像といっても、きちんと史跡はある。しかも虚像の方が味わい深い。それは"異界" と呼ぶに相応しいだろう。



※「安倍晴明を歩く」と言っておきながら、それ以外も寄り道しまくる事ご了承いただきたい。異界があれば寄る主義だ。


鉄輪井戸から歩き始める

安倍晴明の伝説は下京に多い。特に松原通沿いに集中しているようだ。そこに描かれているのは、朝廷に仕えていた "サラリーマン" とは全く別のもの。

まずは松原通の南側の鉄輪井戸から訪ねてみよう。そこは恐ろしい伝説に彩られている。しかも京都の真ん中にあるのに、見つけるのが難しいらしい。

はたしてそこは一体どんな所なのか?




鉄輪井戸(その1)。真っ赤な鳥居と社が見えた。こじんまりとしているが、実は恐ろしい伝説がある。夫の浮気に怒った妻が、呪いながら死んだという。

彼女は顔に朱を塗り、体には丹を塗り、頭には鉄輪(三本足の鉄の輪)を被り、その三本足には蝋燭、口には松明をくわえて、貴船神社に "丑の刻参り"をした。

しかし途中で力尽き、自宅近くの井戸で死んだという。それを哀れに思った者が、そこに亡骸を葬った。その井戸は「鉄輪井戸」と呼ばれるようになった。




鉄輪井戸(その2)。やがて伝説が生まれた。「鉄輪井戸」の水を飲ませると、どんな縁でも切れるというのだ。それは広く知られ、"縁を切りたい人" が、数多く訪れるようになった。

さてある時、やはり夫の浮気に嫉妬した女が、呪い殺すために"丑の刻参り"を行った。異変を感じた夫は安倍晴明に助けを求める。晴明は呪術を駆使して鬼女を退散させたという。




鉄輪井戸(その3)。どうやらこれが鉄輪井戸らしい。現在は頑丈に塞がれているようだ。

安倍晴明は一体どんな力を駆使して鬼女を退散させたのだろうか。凄い呪力の持ち主だ。

それにしても、恐ろしい伝説の井戸が、現在も同じ場所に存在しているというのも凄いね。




鉄輪井戸(その4)。しかも、その井戸は全く見つけづらい場所にある。何せ進入路は、この路地なのだから。

人が一人通れるだけの狭さ。普通の人は絶対に分からないだろう。まさかこの奥にひそんでいるとは・・・。




鉄輪井戸(その5)。しかも入り口はここなのだ。この格子戸をくぐった奥に、上記の進入路がある。

これは、まるで人の家の入り口じゃないか。目印というと、右下に小さな石碑が立っているだけだ。

確かにここを入るのは、かなり勇気がいるだろう。これも京都の恐ろしさ、という事なのだろうか。


松原通を東へ

では鉄輪井戸を出て、北側の松原通を歩き始めよう。目指すのは、安倍晴明が住んでいたという法城寺だ。

ところで松原通はかつて五条通だった。豊臣秀吉により変更されたのだ。その痕跡は残っているだろうか。




松原通へ出た角に、お地蔵さんを発見した。由緒はよく分からないが、丁寧に祀られている。京都は本当にお地蔵さんが多い。道を歩けばお地蔵さんに当たる。




さらに松原通を東へ歩いていくと、良い感じの町家を発見した。造りからいって、昭和に入ってからの築だろうが、本当に素晴らしい。

飾り窓があるという事は、何かのお店だったのだろう。右側は店舗入口で、左端は住居へ続く土間の入口、といったところだろうか。




明王院不動寺(その1)。そのまま東へ歩いていくと、麩屋町通との角に、明王院不動寺というお寺を発見した。

まったく初めてのお寺だったが、異界の匂いを感じたので入ってみた。すると、やはり由緒ある古刹だった。




明王院不動寺(その2)。"由緒書き" によると、創建は何と691年。奈良時代より前じゃないか。

もちろん平安遷都より前。さすが由緒ある五条大路だ。やはり松原通はただの道ではないね。


松原橋へ向かう


さらに東へ進んで、松原橋の方向に向かおう。安倍晴明の住んでいた法城寺は、鴨川の河原にあったからだ。

ところで豊臣秀吉は京都の街を大改造したのだが、その痕跡はこの通りにも残っているらしい。見ていこう。




まずは寺町通を横断した。豊臣秀吉が京都中のお寺を集めて、この道沿いに配置したという。そのため寺町通と名が付いた。

その名残はしっかり残っていて、今もお寺がずらっと並んでいる。外敵から京都を守る"結界"のような役割を果たしていた。

それと、寺町通で重要なのは、平安京の東端だったという事。いわば"東"京極だった訳だ。かつてこれより東は異界だった。




さて、結界である寺町通を通り過ぎてから、振り返ってみた。するとどうだろう。

寺町通のところが少し高くなっているような気がする。御土居の名残だろうか。

御土居とは豊臣秀吉が作った京都を一周する土手のこと。これも結界といえる。




続いて河原町通を横断した。今では京都を代表する道路の一つだが、その歴史は意外と新しい。何せ江戸時代まで、この辺りは鴨川の河原だった。

この道の東側に御土居があって、そこが鴨川の堤防だったという。それより西側は鴨川の中。まさに河原町という名前の通り"河原" だった訳だ。




すぐに高瀬川が現れた。言うまでもなく、安土桃山時代角倉了以が開削した水路だ。京都の物流の大動脈であり、この川抜きに京都の歴史は語れないだろう。

しかし先に言ったとおり、この辺りは河原だったので、角倉了以は、河原の中に新たに水路を作ったようなもの。いわば桂川のような姿を想像すれば良いだろう。




高瀬川の隣は木屋町通だ。この辺りは割烹料亭「鮒鶴」などがあり、風情ある通りといえる。四条より北の飲み屋街とは大違いだ。


鴨川を渡る

ついに鴨川に到着する。先ほど言ったように、ここに掛かっている橋が、かつては五条大橋と呼ばれていた。弁慶と牛若丸が出会ったという橋だ。

そして、その橋の下に安倍晴明の住んでいた法城寺があったという。今は無き中之島という島に建てられていたというのだ。今から渡っていこう。




まずは松原橋の全景から。思ったよりも狭いので誰もが驚くだろう。歴史探索には重要な橋だが、現代社会においては大した道ではないのだろう。

とはいえ、ここはかつての五条大橋。「清水寺参詣曼荼羅」という古文書によると、清水寺へ参る出発点だったという。異界への入り口だった訳だ。




橋の中ほどまで渡って、上流を見てみよう。右側遠くに、比叡山も見える。良い感じだ。

普段はこんなに穏やかな雰囲気だが、一旦雨が降ると、獰猛な暴れ川に変貌してしまう。

それもこれも無理な河川改修が原因なのだから仕方ない。京都は河川敷の上に街がある。




振り返ると、川沿いに鮒鶴という割烹料亭が見える。(現在は鮒鶴京都鴨川リゾートという名のフレンチレストラン)

明治3年の創業という老舗で、現在の建物も、大正14年築の旧館と、昭和9年築の新館が並び建つ五層楼閣建築だ。

特に、屋上に建つ望楼が特徴的。この界隈のシンボルのような建物といえるだろう。もちろん国登録有形文化財だ。




対岸まで渡ってきた。今はここが鴨川の東側堤防にあたるのだが、かつてはもっと広かった。先ほどの河原町通から、この先の松原公園あたりまでが"河川敷"、つまり河原だった。

それが江戸時代の寛文年間に埋め立てられて、今の川幅になったという。今ある先斗町や宮川町、五条新地などは、その時新しくできた街だ。どれも花街という事に注目したい。




渡り終えたたばかりの松原橋を振り返ってみた。遠く右側に鮒鶴が見える。ところで、鴨川の真ん中にあったという中之島はどこにあったのだろうか。

様々な古絵図と照らし合わせてみると、おそらく渡り終えた現在地から、もっと東の松原公園付近までの間あたりに、あったのではないだろうか。


鴨川の東側を歩く

さてここからは、かつて安倍晴明が住んでいたという中之島の跡地を歩いていく。そこに法城寺というお寺を建てて住んでいたというのだ。

さらに付け加えると、平安時代は魔物の住む異界とされたエリアでもある。しかも江戸時代までは河原だった。今はどんな姿なのだろうか。

早速歩き始めよう。




まずは川端通を横断する。1980年代に新しく作られた道だ。交通量も多い。
今はこの地下に京阪電車が走っているが、かつては地上を堂々と走っていた。




続いて琵琶湖疏水を渡る。言うまでもなく、琵琶湖から引かれてきた用水路だ。明治時代に上水道や運河、発電などを目的に造られた。

京阪電車が地上を走っていた頃は、琵琶湖疏水もそこかしこで見られたが、今は暗渠になってしまった所が多い。ここは見られて嬉しい。




琵琶湖疎水を渡ると、すぐ右側に松原公園が現れる。先ほども言ったように、この辺りまでが中之島だったと思われる。安倍晴明はここに法城寺というお寺を建てて住んでいた。

彼はそこで、河川氾濫を抑えるための祈祷を行っていたという。法城寺という寺名も、法(さんずいに去る、すなわち水が去る)と城(土に成る)という "言霊の仕掛け" があった。




松原公園を右に見て、そのまま松原通を直進しよう。左右に飲食店が見えるが、もしかしたら宮川花街が繁栄していた頃の名残りだろうか。

ところで、先ほどの法城寺だが、安倍晴明の亡くなった後、鴨川の氾濫によって流されてしまい、そのまま廃寺になってしまったらしい。

そこで鴨川東岸の弓矢町に、清円寺というお寺が建てられ、安倍晴明の遺骨ごと、そこに移されたという。今から僕らはそこに向かう。


宮川町

安倍晴明を祀っていたという清円寺は近いのだが、その前に宮川町を横断することになる。

京都五花街の一つという格式ある花街。寄らない訳にはいかない。ちょっと眺めていこう。




宮川町(その1)。まずは南側を望む。提灯の下がっている所が、今もお茶屋さんをやっている所だ。もちろん廃業したお店も多く、今はレストランや宿屋さんなんかもチラホラ見られたりする。




宮川町(その2)。宮川筋を歩くと、すぐにこんな路地に出くわす。この奥にもお茶屋さんがある、という訳だ。京都は本当に路地が面白い。




宮川町(その3)。今度は北側を望む。石畳と犬矢来の続く街並みは、本当に風情があって良いね。しかも夕方になると、芸妓さんや舞妓さんを見かけることもある。

ちなみに、昼間はもちろん歩いていない。もし昼間見かけたら、それは間違いなく、レンタル着物を着た観光客だ。この街にも、そんなレンタル着物店が増えてきた。


弓矢町

さて、宮川町を過ぎると弓矢町に入る。かつて弓矢を作る職人さんたちが住んでいたから その名が付いた、という伝説の弓矢町。

さらには安倍晴明を祀り、そして安倍晴明のお墓もあったという清円寺も、その弓矢町にあったという。では早速入っていこう。




まずは左側にお地蔵さんがあった。このお地蔵さんの右側あたりに、かつて門があったらしい。清水寺参詣曼荼羅にはっきりと描かれている。

その門こそが、鴨川と弓矢町を分ける結界の役割を果たしていた。門の西側は鴨川の河原。門の東側は陸地となり、そこから弓矢町は始まる。




今度は東側を見てみよう。正面の近江牛のお店辺りはもう弓矢町だ。(余談だが近江牛屋さんは、明治27年創業の老舗の牛肉屋さん)

そして、その手前左側に路地がある。そこは物吉(ものよし)村への入り口だ。実は清円寺は、弓矢町の中の"物吉村"にあったという。

物吉村とは何だろうか?




肉屋さんの手前左側の路地を見てみよう。この先の町家が始まる辺りから先が物吉村だ。弓矢町の中でも物吉村は独特の場所だったらしい。

モノヨシという"祝言者"が住んでいた。「ものよーし!」と言いながら、家々を回って、幸福をもたらす。その代わりに彼らは、銭食をもらった。


いつのまにか安倍晴明は、"物吉村の守護神"となっていたのだ。


物吉村へ向かう

僕らは物吉村へ向かうのだが、先ほどの肉屋手前の路地は何度も通ったことがあるので、今回は別のルートで向かうことにする。

さて物吉村にあったという清円寺は、明治初期の廃仏毀釈で廃され、その跡地に晴明社という社(やしろ)だけが残されたという。

とにかく僕らはそこへ向かおう。




松原通を東へ進むと、北側に拾番小路という路地が現れた。いろんな京都散策ガイド本に、「京都は路地が面白い。見つけたら迷わず入れ。」と書いてある。

今回も迷わず入った。もちろん居住者もいるだろうから、静かにこっそりと。(当然だが、居住者にとっては迷惑なだけ。なので "静かに" は基本中の基本)




拾番小路を抜けて、新道通に出た。かつて新道小学校のあった通りだ。ちなみに京都では、"通り"のことを"通"と書く。なので"新道通"。とはいえ、声に出すのは"通り"のままなので、ホントややこしい。




新道通に出たら、西へ少し戻ろう。もうこの左側は物吉村だ。そして右側は・・・




右側すなわち北側を見た。通りの右側の工事現場は、新道小学校のあった所。今後はホテルなどの商業施設ができるらしい。

そしてこの先の左側は、かつて宮川花街の歌舞練場のあったところ。ここも今は工事中で、新しい歌舞練場ができるらしい。


物吉村のセイメイさん

さて振り返って南側を見ると、そこは物吉村。かつては長棟堂という癩者の保護施設があったらしい。清水寺参詣曼荼羅には、ちゃんとその建物が描かれている。

そこに癩者はモノヨシとなって住んでいた。彼らは社会的弱者として抑圧された存在だったので、心身ともに救ってくれる存在が必要だった。それが安倍晴明だ。




この駐車場と周囲一帯が物吉村。ここに清円寺と安倍晴明のお墓があった。そのお墓は"塚"となって、土盛りされていたので、鴨川の河原からもよく見えていたという。

しかし明治の廃仏毀釈で清円寺は廃され、そこに安倍晴明を祀る晴明社(せいめいしゃ)ができた。日本全国どこでも同じような事が起きたが、本当に変な事をしたものだ。




駐車場のゲートには、「無断立ち入り禁止」と大きく書かれていた。しかし僕は以前、所有者から「セイメイさんのお参りだったら、立ち寄って良い」と許可を得ている。

なので入らせてもらった。

駐車場の奥まで行くと、社(やしろ)があった。地元民の間では「セイメイさん」と呼ばれているらしい。これがまさに晴明社で間違いないだろう。昔の清円寺の名残りだ。




セイメイさんを正面から。ここにきちんと安倍晴明は生きていた。物吉村の住民を救う守護神として。今も地元民にひそかに慕われていた。

ただそこにはもう塚は無い。どこに行ったのだろうか。遺骨は?まだまだ謎の多い場所だ。ここは密かな異界と呼ぶに相応しい場所だろう。




また駐車場入り口に戻って、全体を眺めておこう。ところで、廃仏毀釈によって清円寺が廃されたとき、すべてがバラバラに移されてしまった。

例えば、仏像や安倍晴明像などは長仙院へ。寺名などの法統は法城山心光寺へ。そして地元民の信仰は晴明社(セイメイさん)といった具合だ。

さらに付け加えるなら、鴨川治水の"祈願寺"としての機能は、仲源寺(通称、目やみ地蔵)に移ったと言っていい。今からそれらを訪ねて回ろう。


宮川通を北上する

まずは鴨川治水の祈願機能が移った仲源寺へ行き、それから仏像などが移った長仙院へ、最後に法統が移った心光寺へ行くことにする。

早速、宮川通を北上しよう。




物吉村から西へ進み、途中クランクした路地を入ると、そこはもう宮川町だ。左右に美しい佇まいのお茶屋さんが並んでいる。




またお地蔵さんを見つけた。綺麗に整備されている。信仰が息づいているのだろう。そのまま北上しよう。




交差点に出た所で、南へ振り返ってみた。良い感じの街並みだ。先斗町祇園東みたいに、雑然としていないのが嬉しい。

では通りを渡って、引き続き北上しよう。




団栗橋に出た。ここで宮川通は終わる。右折して大和大路通へ向かおう。




ここからは大和大路通を北上する。ちなみに反対側の南側に行けば、大和の国に到着するので、大和大路という名が付いたという。

かつては主要街道だったわけだ。ただ、この辺りは四条通に近いので、繁華街になってしまい、かつての面影を探すのは苦労する。


仲源寺

四条通に出たら、すぐ右側に仲源寺がある。まさに"隠れ家的"な寺院で、四条通沿いにあるというのに、観光客はほぼ立ち寄らない。

ただ鴨川治水の祈願寺としては格が違った。何せ、安倍晴明の掌っていた法城寺の機能を引き継いでいたからだ。早速入っていこう。




入り口の左側に、大きな石柱があり、「めやみ地蔵尊」と書いてある。地元民の間では、そう呼ばれているらしい。

雨を止めた事から「雨止み(あめやみ)地蔵」と呼ばれるようになり、いつしか転じて「めやみ地蔵」になったという。




それは安貞2年(1228年)のこと。大雨で鴨川が洪水になってしまった。そこで中原為兼が、河原のお地蔵さんに"雨止み"を祈願すると、雨がやんで、洪水も治まったという。

その霊験あらたかなお地蔵さんは、いつしか「雨やみ地蔵」と呼ばれるようになった。さらには朝廷から、中原の名字をもじり、「仲源寺」という寺号まで下賜されたという。




やがて天正13年、豊臣秀吉の命令により現在地に移転された。秀吉の京都大改造の一環だろう。

時が流れると、"目やみ"すなわち"目の病が止む"という事で、眼病患者で大いに盛況したという。




最後は高台寺の前身「雲居寺」から移ってきた千手観音像。その大きさには本当に驚く。平安時代後期の作で国指定重要文化財とのこと。

さて安倍晴明の掌っていた鴨川治水の機能は、こうして仲源寺に移り、さらに眼病治癒の機能まで加えながら、鴨川河畔で発展していった。


再び鴨川を渡る

今度は、清円寺にあった仏像や安倍晴明像などが移ったという長仙院に向かおう。それには、再び鴨川を渡って、先斗町を北上する事になる。

という訳で、四条大橋を渡るのだが、この橋の周囲は近代建築に囲まれている。どれも建築書に取り上げられている有名建築。早速見ていこう。




まずは東岸に鎮座する南座から。昭和4年に建てられたという歴史的建造物だ。もちろん国登録有形文化財に指定されている。

江戸時代初期の慶長年間から、この場所で歌舞伎興行を続けてきたという。まさに日本最古の伝統を持つ建物と言えるだろう。




続いて、同じく東岸の北側に建っているレストラン菊水。こちらは大正5年に建てられたという歴史的建造物だ。

その当時から今も変わらず、洋食レストランを続けているという老舗。本当に京都はすごい。国登録有形文化財




3件目は西岸南側に建っている東華彩館。こちらは大正15年に建てられたという歴史的建造物だ。

何といっても設計はウィリアム・メレル・ヴォーリズ。教会建築が多いなか商業ビルは希少だろう。




鴨川を渡る。それにしても、3件も歴史的建造物が並んでいるなんて凄いね。なお遠くにチラッと見えている橋は三条大橋


先斗町を北上する

西岸に渡ったら、もうそこは先斗町だ。"ぽんとちょう"という名前は、あまりにも有名で、誰もが知っているだろう。まさに京都を代表する花街の一つ。では入っていこう。




入っていくと、まず驚くのは道の狭さ。ギリギリようやくすれ違える狭さだ。この幅に何件もお店が並んでいる、という風景は本当に凄い。




ただ繁華街に近いせいか、どんどんお茶屋さんは廃れてしまい、今は少ししか残っていないようだ。もっぱらバーやレストランが多い。

とはいえ、鴨川に面するという京都トップクラスの立地なので高級店舗ばかり。なかなか一般客は入りづらい。まぁ観光客は多いけど。




やがて歩いて行くと、先斗町歌舞練場に到着した。この建物も、大正14年に着工して、昭和2年に完成したという歴史的建造物。

踊りの稽古のほか、年に一回の「鴨川をどり」の発表会場としても有名だ。本当は鴨川の対岸に行けば、特徴がよく分かるのだが。


瑞泉寺

先を急ぐので、先斗町歌舞練場を離れて、龍馬通を西へ向かおう。ところがすぐ北側に、瑞泉寺というお寺があった。

豊臣秀吉に斬首された豊臣秀次にまつわる場所だという。悲劇の場所とあらば寄らない訳にはいかない。寄ってみよう。




瑞泉寺(その1)。まずは立派な山門から。龍馬通から、木屋町通を少し北に行けば、すぐに見えてくる。左側の大きな石柱には「豊臣秀次公之墓」。

豊臣秀次は、豊臣秀吉から謀反を疑われ切腹させられた。このお寺は、江戸時代に角倉了以により、秀次の菩提を弔うために建てられたという。




瑞泉寺(その2)。入るとすぐ右側に秀次のお墓があった。実は秀次だけじゃなく、子供から奥方まで家族39名すべて、豊臣秀吉により処刑されてしまった。

さらに秀次の首と39名の亡骸は、秀吉の命により、鴨川の河原に埋められた。それを知った角倉了以は、江戸時代、その場所に瑞泉寺を建てて弔ったという。




瑞泉寺(その3)。このお寺は、そんな恐ろしい由緒を秘めていた。もしかしたら、彼らの怨霊が地下に眠っているかもしれない。まさに異界というに相応しいだろう。




瑞泉寺(その4)。さらに一画には、「橋本左内訪問之地」の石碑もあった。幕末のことだが、橋本左内は、ここを定宿にしていた開明幕臣岩瀬忠震の意見を聞くために訪れたという。

二人は、一橋慶喜(後の15代将軍、徳川慶喜)の擁立で意見が一致し、その後は共に "一橋派"として活動していく事になる。幕末〜明治維新の舞台の一つになった場所とも言えるだろう。


龍馬通を西へ

引き続き、龍馬通を西へ進もう。この道は、坂本龍馬の史跡があるから、その名が付けられた。それを眺めながら進むことになる。




高瀬川を渡る橋のたもとに、「龍馬通」の看板。この先に、龍馬の拠点だった酢屋がある。その近所には暗殺された近江屋跡もある。さらには土佐藩邸も近い。龍馬通と呼ぶに相応しいだろう。




酢屋(その1)。歩いていくと、すぐ右側に坂本龍馬の拠点だった酢屋があった。代々続く材木商で、屋号が「酢屋」(お酢を売っていた訳ではない)。




酢屋(その2)。右側に石柱があり、「坂本龍馬寓居之跡」と書いてある。龍馬は、この2階に海援隊の屯所(京都本部)を置き、自身も2階の表通りに面した部屋を使っていたらしい。




酢屋(その3)。今は1階が店舗、2階が龍馬関係のギャラリーとして一般公開されている。当時も今も、そのまま酢屋が営業続けているとは、いかにも京都らしい。




やがて河原町通に到着するので、六角通まで少し南下しよう。この先に、坂本龍馬が暗殺された近江屋跡もある。

僕らはそこへは寄らず、六角通を西へ入って、長仙院に向かおう。


長仙院

六角通を西へ入ると、すぐ左側に長仙院がある。安倍晴明ゆかりの寺だ。晴明ファンには知られた寺で、ファンの訪問が絶えないらしい。では早速見てみよう。




長仙院(その1)。立派な表門が見えた。浄土真宗西山深草派の寺院で、創建年代などは不明。禁門の変の延焼により、一旦は本尊を焼失したが、明治初期に再建され、本尊などが遷されたという。




長仙院(その2)。明治初期の再建の際に、弓矢町の清円寺にあった阿弥陀如来像や安倍晴明坐像などの木像五体が移されたという。

弓矢町、というより物吉村の守護神として生きていた安倍晴明は、明治の廃仏毀釈を乗り越えて、この地にしっかり根付いていた。




長仙院(その3)。安倍晴明ゆかりの寺として名高い長仙院。ただ残念ながら、安倍晴明坐像などを見学するには、事前に申込みをしなければならない。

僕らのような、気まぐれな旅人には向かない寺だ。今回は残念ながら、表からの見学に留まる。いずれ事前申込みをして、しっかり見学したいものだ。


三条通を東へ

ではここからは、最後の目的地、心光寺へ向かおう。それには三条通を東へ向かわなければならない。言うまでもなく、三条通は日本の大動脈だった東海道から続いている道。かつては豪商が軒を連ね、大いに繁栄したという。

では早速歩き出そう。




歩き始めると、すぐ左側に池田屋事件跡の石碑と説明看板があった。池田屋事件のあった所だ。

言うまでもなく、池田屋事件とは、新撰組尊王攘夷派を襲撃した事件。あまりにも有名だろう。

その池田屋も今は無くなり、その跡地には、「池田屋 はなの舞」という居酒屋があるのみだ。




そのまま東へ歩いて、木屋町通を横断しよう。三条大橋はもうすぐだ。




三条大橋の手前に、古い町家造りの店舗が二軒並んでいるのだが、手前は「桔梗利 内藤商店」というホウキ・タワシの専門店だ。

創業は江戸時代の文政元年(1818年)というから200年以上!現在の建物も昭和初期らしい。1万8000円のホウキを売っていた。




その右隣は「船はしや」というお菓子屋さん。こちらの創業も明治38年という。いゃ立派な老舗なのだが、隣が江戸時代創業だと霞んでしまうかな(笑)。

五色豆というお菓子が有名らしい。他に豆菓子やあられなど色々。それに、町家造りの店舗も風情があって、非常に素晴らしい。やはり昭和初期だろうか。


三条大橋に到着

ついに三条大橋に到着する。先ほども言った通り、日本の大動脈だった東海道の片方の起点だ。政治、経済、情報などがすべて、この橋を通って入ってきた。京都を語るとき欠かせない橋だ。




擬宝珠の欄干が美しい三条大橋。遠くに東山も見えて雰囲気は良い。早速渡り始めたいところだが、まだ少し見ておきたい所がある。




橋の手前に、旧三条大橋の石柱と高札の説明看板があった。ここは多くの人が行き交うターミナルだったので、高札があったらしい。




道路を挟んだ南側には、弥次さん喜多さんの像。東海道中膝栗毛だね。




渡り始めると、すぐにこの擬宝珠。何かというと、池田屋事件の刀傷が付いているという。よく見ないと分からないが、擬宝珠の真ん中付近に、確かに付いている。立派な歴史的史跡だ。




どんどん渡っていこう。ちなみに鴨川を渡るのは、今日で3回目だ。


鴨川東岸へ

鴨川東岸に着いた。最終目的地の心光寺はもうすぐだ。




三条大橋を渡り終えると、目の前は川端通で、右手奥は京阪三条駅。言うまでもなく、かつては地上を走っていたのだが、今は地下鉄になってしまった。そのおかげで景色は良くなったが。




王法林寺(その1)。三条通を東へ進むと、立派な山門が見えてきた。檀王法林寺だ。この門は三条門というらしい。明治21年建立。

ここではないが、西側にある川端門は、有栖川宮親王の寄進により、明和3年に建立されたという。どうやら宮家由縁の寺という訳だ。




王法林寺(その2)。三条門をくぐると立派な楼門が待っていた。その豪快さは本当に見事。なお、門上部に掲げられた扁額「朝陽門」の文字は、山階宮親王の御筆という。やはり宮家由縁だ。明治21年建立。




王法林寺(その3)。こちらが本堂。建立は寛政3年頃というから、かなり古い歴史的建造物だ。京都市指定重要文化財

このお寺には、日本最古の黒招き猫がいる、という伝説があるという。ちょっと不思議なお寺だ。やはり異界と言って良い。


心光寺

ようやく最後の目的地、心光寺に到着した。正式名称は「法城山晴明堂心光寺」という。「法城山」という山号は、かつて鴨川の真ん中にあったという法城寺から取ったのだろう。しかも「晴明堂」という堂名まで付いている。完全に法統を継いだといって良い。

どんなお寺なのだろうか。




心光寺(その1)。憶えているだろう。平安時代安倍晴明が、鴨川治水のために、法城寺というお寺を、鴨川の真ん中付近に建てたことを。

残念ながら法城寺は、洪水で流された。そこで、弓矢町の中の物吉村に、清円寺を建てた。しかしそこも明治初期の廃仏毀釈で廃止された。




心光寺(その2)。そこで、鴨川治水の機能は仲源寺へ移った。安倍晴明像などの仏像は長仙院へ移った。そして法城寺などの寺名は、この寺に移った訳だ。

山号は「法城山」。堂名は「晴明堂」。まさにそのままだろう。伝説の安倍晴明は、様々な苦難を乗り越え、鴨川近くのこの地でも、しっかりと生きていた。




心光寺(その3)。安倍晴明は、法城寺では鴨川の洪水を抑えて人々を救ってきた。清円寺では物吉村の守護神として癩者を救ってきた。

つまり、社会的弱者を救済するのが彼の役割だった。立ち直れないほどの弱者を・・・。この下京周辺では、そんな風に伝えられてきた。

それは彼が不思議な力を持ったヒーローだったからだろう。いつの時代も、弱者には苦しみを救ってくれるヒーローが必要だった。

この現代でも、安倍晴明が人気なのは、救いを求める人が多いからだろう。今日もここに晴明の"気"を求めてファンが訪れる事だろう。


〜〜〜終わり〜〜〜


#安倍晴明
#鉄輪井戸
#仲源寺
#長仙院
#心光寺
#法城寺