京都の異界を歩く

ちょっと変わった京都の探訪記です

菊渓川を歩く(その2)〜京都の廃河川〜

~ 菊渓川を歩く(その1)からの続き 〜

ねねの道を南へ


f:id:wazze2001:20220106164939j:plain
ではポートランド コーヒーの前から、"ねねの道"の南側を見てみましょう。



菊溪川はおそらく右側のマンホールに流入しているはず。今では考えられませんが、昭和40年頃まで京都市は、雨水や山水を下水道に流入させてましたから。
それどころか、小川をそのまま下水道化させてしまったケースもあります。(轟川も音羽川もそう!)この菊溪川も、ここから下水道として流れていく訳です。



f:id:wazze2001:20220106220938j:plain
では"ねねの道"を南に歩いていきましょう。



ところで菊溪川は、ここから下河原通までのルートとして、二つの説があるようです。

1つ目は、この辺りから圓徳院に入って石塀小路の北端から下河原通へ。2つ目は、現在の石塀小路を通って下河原通へ。そのうち、僕は2つ目の"現在の石塀小路説"を採っています。

理由は、現地に立ってみると分かりますが、勾配が明らかに現在の石塀小路に向かっている事と、大正11年の古地図に描かれた等高線が"昔の菊溪川のルート"を語っているからです。


昔の菊渓川?月真院へ


f:id:wazze2001:20220106224027j:plain
南に歩いていくと、すぐ左側に月真院。高台寺塔頭(附属寺院のこと)です。



さて、古地図に描かれた等高線をよく見ると、月真院の庭から石塀小路の方向へ、緩やかな谷間があったようです。

つまり今の流路は、高台寺ができた時か、前身の雲居寺ができた時に、人工的に変えられたものではないでしょうか。

かつてはお寺建設のための流路変更はあったし、それ以前に市街地建設に伴っての流路変更も良くありましたから。



という訳で、月真院の庭も見てみる必要がありそうですね。

f:id:wazze2001:20220106224018j:plain
月真院に入る前に、門の右側を見てみると、「御陵衛士屯所跡」の石碑と看板。

新選組を脱退した伊東甲子太郎らが作った「御陵衛士」の屯所跡だったらしい。別名「高台寺党」とも呼ばれたとのこと。さすが京都は幕末も舞台になったので、様々な歴史が重層化してますね。



f:id:wazze2001:20220106224021j:plain
では中に入ってみましょう。立派な入母屋造の伽藍が見えます。

他のブログを読むと、「衝立があって中に入れない」などと書かれていますが、この時は何も無かったので、そのまま入れました。



f:id:wazze2001:20220106224024j:plain
一番奥に広い庭池がありました。古地図に描かれた等高線の谷間、つまり昔の菊溪川の流れと、ほぼ同じ位置にあります。これは確かに、昔の菊溪川の痕跡かもしれませんね。



余談ですが、土木学会の共同論文「京都神社参道に見る景域構造の変化に関する研究」にも、菊溪川の位置として、この庭池経由の流路が図示されています。考えは同じですね。


三面大黒天に寄り道


f:id:wazze2001:20220110100320j:plain
ねねの道に戻ると、向かい側に高台寺塔頭、圓徳院の三面大黒天がありました。ちょっと寄ってみましょう。



f:id:wazze2001:20220110100329j:plain
三面大黒天とは「大黒天、毘沙門天、弁財天」の3つの顔を持つ仏様。豊臣秀吉が念じ続けた秘仏らしい。



f:id:wazze2001:20220110100333j:plain
年一度の御開帳日しか拝められない秘宝とのこと。大人気で、ご覧のように行列ができています。


高台寺墓地へ


f:id:wazze2001:20220110233744j:plain
また、ねねの道に戻ると、今度は高台寺の入口に到着しました。例の高台寺墓地のあるお寺ですね。



ちなみに、この坂道は台所坂と呼ばれているらしい。お寺の庫裏(台所)に繋がるからです。本来の正門はもっと南側にありました。(でも絶好の撮影スポットなので、こちらの方が人気はあるようです)

では高台寺墓地を目指して上がっていきましょう。



f:id:wazze2001:20220110233810j:plain
高台寺に到着。このお寺は、豊臣秀吉正室"ねね"が住んでいたお寺です。後々徳川家康により、様々な伽藍や方丈などが建てられました。

高台寺通が「ねねの道」と呼ばれるようになったのも、ねねが住んでいた事に由来します。



ところで高台寺ができる前は、雲居寺というお寺がありました。自然居士が舞を舞う事で有名だったお寺です。応仁の乱で無くなりました。

それはまた後で説明するとして、とりあえず、ここは高台寺の奥へ進んでいきましょう。



f:id:wazze2001:20220301160414j:plain
高台寺の中を歩いていくと、伊東忠太の設計した祇園閣がよく見えます。やはり祇園のランドマークらしいですね。



f:id:wazze2001:20220110233728j:plain
やがて墓地入口に到着しました。入っていきましょう。



f:id:wazze2001:20220110233747j:plain
すぐに広大な高台寺墓地が広がりました。

といっても、遠くの斜面の墓地は、先ほど歩いた東大谷墓地です。では坂道を降りていきましょう。


あの石材屋さん!


f:id:wazze2001:20220110233753j:plain
するとどうでしょう。見覚えのある赤い鉄骨!あの石材屋さんの下に到着しました。

見事に繋がりましたね。この上は、あの石材屋さん。そして、この下が菊溪川です。



f:id:wazze2001:20220110233804j:plain
そして下流側を見ると・・・、左側に菊乃井本店が見えます。さらに遠くに、小さくシートの掛かった車も見えているのが分かりますか?

ではもっと近づきましょう。



f:id:wazze2001:20220110233808j:plain
菊溪川が暗渠となって地下に入っていく!バッチリ見えていますね。やはりあの鉄板の下を通って向こうへ抜けているようです。ここまで来た甲斐がありました。


高台寺を歩く


f:id:wazze2001:20220110233728j:plain
墓地入口に戻ってきました。さて、ここまで来たら、高台寺も見ないとね(笑)

という訳で、本来の順路を進みましょう。



f:id:wazze2001:20220110233756j:plain
遺芳庵。江戸時代に建てられた茶室です。明治期に現地に移築されたものらしい。前面の枯山水庭園とともに見応えがあります。夜もきっと美しいに違いない。



f:id:wazze2001:20220110233731j:plain
観月台と開山堂。桃山時代に建てられた美しい回廊です。国指定重要文化財。ここから月を眺めると、本当に美しいでしょうね。



f:id:wazze2001:20220110233816j:plain
傘亭。こちらも桃山時代に建てられた茶室です。国指定重要文化財。天井板の無い素朴な造りは、"侘び寂び" の極地かもしれませんね。



f:id:wazze2001:20220110233737j:plain
時雨亭。やはり桃山時代に建てられた茶室です。国指定重要文化財。珍しい2層式の茶室で、1階が水屋と待合、2階が茶席らしい。

それにしても高台寺庭園にある建物は、本当にどれも素晴らしいですね。古い建物好きにはたまりません。



f:id:wazze2001:20220110233759j:plain
敷地内には美しい竹林も残されています。これも京都らしく良い感じですね。



ところで"ねね"は、美しい舞を舞う若い女性を集めて、このお寺の周辺に住まわせました。老後を優雅に過ごすための、"自分だけの理想郷"を作りたかったようです。

山には菊溪菊の黄色い花が咲き乱れ、竹林の中には幽玄な茶室。そして眼前には美しい舞を舞う若い女性達。ここはまさに、竜宮城のような場所だった事でしょう。



f:id:wazze2001:20220112114447j:plain
ではまた台所坂を降りて、ねねの道へ戻りましょう。


再び、ねねの道


f:id:wazze2001:20220112114729j:plain
ねねの道を南へ歩くと、すぐ右側にマンホールが現れます。



ここは明治以前の菊溪川の右折点だった可能性があります。なぜから明治の古地図を見ると、右側の建物は無く、道のような記載があるのです。

大正時代に石塀小路が造られる前は、右側一帯は竹藪だったはず。明治以前に下河原通へ抜けるには、ここから右折するのが最短ルートでした。

ただ今は痕跡も無いので、想像を巡らすだけにして、先へ進みましょう。



f:id:wazze2001:20220112115017j:plain
石塀小路入口を越えて、さらに南側へ進むと、立派な茅葺き門がありました。

高台寺塔頭、春光院です。見事な茅葺き門は見応え十分!名前も良いですね。

では石塀小路の入り口へ戻りましょう。


石塀小路


f:id:wazze2001:20220112120637j:plain
石塀小路の入口。下水道となった菊溪川もここから入っていきます。



ところで、なぜ下水道のルートが分かるかというと、京都市下水道局は、ネットに下水道マップを公開しているからです。「スミトン」という名前で、廃河川探索には無くてはならないツール!

今回もスミトンに頼りながら進んでいきます。



f:id:wazze2001:20220112120812j:plain
早速入っていきましょう。写真の通り、石塀小路はクネクネ曲がっていて、とても不自然な道です。



(例えば花見小路周辺も、明治時代に竹藪を切り開いて造られたのですが、縦横の綺麗な街並みです)

なぜここは不自然なのか。それは自然地形、つまり菊溪川の流路に沿って造られたからではないか。

そう思うのですが、はたしてどうでしょう?



f:id:wazze2001:20220111135857j:plain
ひたすらマンホールに注目しながら歩いていきます。(はためには、かなり怪しい人でしょうね。笑)



ちなみに京都市に下水道が普及したのは比較的早く、戦前からスタートし、戦後に一層拡大しました。

昭和40年頃までは雨水も流入させていたと言いましたが、今でも約40%は雨水合流式のままなのです。

それは問題も多いのですが、変えられないらしい。ともかく、突き当たりのT字路まで行きましょう。



f:id:wazze2001:20220111135902j:plain
T字路から右を見ると、また突き当たり。

そこは"明治時代の流路"、つまり石塀小路ができる前の流路と、僕が想定した場所です。

では西側へ戻りましょう。



f:id:wazze2001:20220111135849j:plain
西へ歩くと、すぐにまたT字路。今度は北へ枝分かれする道があるようです。

それにても石塀小路は、大正時代に富裕層向けの高級貸家街として作られた"奥座敷"だけあって、どこを見ても雰囲気が良いですね。

では北へ分かれる道を見てみましょう。



f:id:wazze2001:20220111140105j:plain
T字路から北側の道。ここは、ねねの道から下河原通へ抜ける"もう一つのルート"として、先に紹介した道です。

ところでよく見ると、右奥に洒落た赤煉瓦の壁が見えますね。これは圓徳院の壁。明治時代に造られたらしい。

お寺なのに当時の最先端のデザイン。"新しいもの好き"の京都人に相応しい壁と言えるのではないでしょうか。


下河原通


f:id:wazze2001:20220111140003j:plain
元に戻って、石塀小路の出口に到着。ようやく、ここで下河原通に出ました。

さて、ここから菊溪川はハッキリしています。大正時代の地図にも描かれており、疑う余地はありません。

ところで、さっきから明治の地図とか大正時代の地図とか言いましたが、実はこれもネットに公開されてます。

近代京都オーバーレイマップといって、廃河川探索に無くてはならないツール。今回も大いに役立ちました。

では進んでいきましょう。



f:id:wazze2001:20220111175557j:plain
下河原通を北から南へ望む。

菊溪川は、ここをクランクする形で西へ進んでいきます(写真では左から来て右へ)。大正時代の地図にも描かれているので間違いありません。おそらく昭和30年代までの間に下水道化されたのでしょう。



f:id:wazze2001:20220112122718j:plain
上記の"クランク"交差点の南側を見ると今井三絃店(写真中ほどに看板あり)。かつて下河原が花街だった頃の唯一の名残です。



その昔、ねねの集めた舞姫たちは、ねねの死んだ後、「山根子芸者」と呼ばれる"フリー"の芸者となって、この街に住み着きました。

やがて花街となった下河原は、江戸時代には大いに栄えたのですが、明治時代になると祇園に押されて、衰退してしまいます。

今では、この店のみが名残を残している、という次第。ちなみにこの店は、店頭で三味線の製造から販売までしているそうです。



f:id:wazze2001:20220112125528j:plain
ここでさらに寄り道して、"クランク"交差点からさらに北へ進みましょう。石塀小路の別の入口があるのです。

ここはあまり知られていないし、実は教えたくないような場所・・・。ひっそりとした雰囲気が実に素晴らしい。



f:id:wazze2001:20220112125532j:plain
入っていくとこの雰囲気。京都は路地が素晴らしい、と言いますが、この路地は別格かもしれませんね。一人静かに散策したい場所です。


下河原通から安井通へ


f:id:wazze2001:20220112131653j:plain
では"クランク"交差点に戻って、今度は西へ進みましょう。昔の菊溪川の流路を追いかけながら。



f:id:wazze2001:20220111183352j:plain
すぐにマンホールが現れます。ところで、この辺りは急に段差が激しくなるようですね。道路も急坂になりました。

左右を見てみましょう。



f:id:wazze2001:20220111183521j:plain
北側を見るとこんな感じ。奥に古い石積みが見えます。断崖だったので、石積みにしたのでしょう。



f:id:wazze2001:20220112133259j:plain
南側を見るとこんな感じ。階段の所が断崖だったと思われます。



ところで、この断崖は桃山断層ではないでしょうか。四条通の突き当たりの八阪神社前の階段の所も、桃山断層と言われています(ブラタモリでも紹介されました)。その延長がここまで続いている、と考えられないか?はたしてどうでしょう。



f:id:wazze2001:20220111183518j:plain
ではまた西へ進みましょう。すると道は、正面のT字路に突き当たります。


菊渓川と下水道が分かれる


f:id:wazze2001:20220111183524j:plain
T字路にやってきました。正面には茶色い板塀が・・・。



大正時代の古地図を見ると、菊溪川はこの茶色い板塀の所を通り抜けているようです(そのまま一直線に建仁寺へ)。

しかしスミトンを見ると、下水道は突き当たりを右に折れて、安井通に入り、そこから一直線に建仁寺へ向かいます。

どうやらここからは、菊溪川を下水道化するより、安井通の下に造った方が、最適だったと判断されたのでしょう。

僕らは過去の菊溪川を追いつつ、オマケで下水道(現在の菊溪川?)も追っていく、という両面作戦でいく事にします。



f:id:wazze2001:20220111183529j:plain
茶色い板塀の下をアップしました。ここが過去の菊溪川の痕跡とは驚きですよね。

とはいえ、下水道が整備された頃(昭和20〜30年代?)までは、川があったはずなので、古老に聞けば思い出されるかもしれませんね。



f:id:wazze2001:20220111183527j:plain
では下水道に沿って右側に進みましょう。


安井通から東大路通


f:id:wazze2001:20220111183513j:plain
すぐに安井通に出ました。このマンホールの下が、現在の菊溪川です。(下水道だけど。笑)



ところで先ほどから、高台寺通や四条通など、"通り"のことを"通"と書いてきました。これは京都独特の書き方で、この安井通りも"安井通"と書きます。

ややこしいのは、"通"と書いておきながら、読み方は"とおり"のまま。なので安井通と書いて、"やすいとおり"と読みます。京都は本当にややこしい。

などと言いながら、安井通を西へ向かいましょう。



f:id:wazze2001:20220112134333j:plain
すぐに東大路通に到着。さてここからは?



〜 菊渓川を歩く(その3)へ続く 〜