京都の異界を歩く

ちょっと変わった京都の探訪記です

菊渓川を歩く(その3)〜京都の廃河川〜

~ 菊渓川を歩く(その2)からの続き 〜

東大路通を横断する


f:id:wazze2001:20220112134333j:plain
"東大路"通は、かつて"東山"通と呼んでいました。いつからか"東大路"通に変わったらしい。(交差点の表記は"東山"安井交差点のままですが)



では交差点から少し南に行って、本来の菊溪川ルートを見てみましょう。

f:id:wazze2001:20220112134624j:plain
とは言ったものの、東大路通の東側は痕跡がありませんでした。このマンホールの辺りが菊溪川だった事は間違いないのですが。



でも西側を見てみると・・・

f:id:wazze2001:20220112134620j:plain
真ん中あたりで、"ビルとビルの間"が少し空いてますよね。古地図によると、そこが菊溪川です。左右と比べ、少し空いてるのが何だか嬉しい(笑)



では東大路通を横断して、さらに一本南側の道に入っていきましょう。

一本南の道を歩く


f:id:wazze2001:20220112140251j:plain
南側の道を入ると、すぐに路地を発見。早速行ってみましょう。



f:id:wazze2001:20220112140254j:plain
はっきりした痕跡はありませんが、このコンクリート蓋は怪しいですね。50年くらい経ってそうだし・・・。それに少し低い感じもするので、やはりここかもしれません。



では元の道に戻りましょう。

f:id:wazze2001:20220112141024j:plain
さらに西へ進むと、何かを解体した後のような"更地"が現れました。奥まで行ってみましょう。



f:id:wazze2001:20220112141027j:plain
一番奥まで行って、右側(つまり東側)を見ると、、、

このビルとビルの間の空間は怪しいですね。ほぼ確実でしょう。



f:id:wazze2001:20220112141021j:plain
今度は左側(つまり西側)に行ってみると、、、

一段下がってる!写真では分かりづらいけれど、ここだけ確実に下がってます。
湿地帯だったので沈下したのか?これは間違いなく菊溪川の痕跡でしょうね。



では元の道に戻りましょう。

安井金毘羅宮から来た道

f:id:wazze2001:20220112141655j:plain
また西へ進むと、今度は安井金比羅宮から来た道に到着!

今ではラブホ街になってしまいましたが、かつてはこの辺り一帯も、安井金比羅宮の敷地の中でした。

さて、菊溪川の痕跡は、、、



f:id:wazze2001:20220112141652j:plain
このビルとビルの間の隙間が菊溪川ですね。大正時代の古地図にもはっきり描かれています。



さらに江戸時代の「都名所図会」という本にも、安井金比羅宮(当時は安井観勝寺)の敷地内を菊溪川が流れている絵図があります。間違いありませんね。



f:id:wazze2001:20220112141658j:plain
ただし反対側は痕跡がありませんでした。ちょうどこのマンホールあたりのはずですが・・・。


安井金毘羅宮へ寄り道


f:id:wazze2001:20220112142516j:plain
せっかくなので安井金比羅宮にも寄りましょう。



元々は安井観勝寺というお寺でしたが、崇徳上皇の怨霊を鎮めるために金比羅宮も祀られ、さらに明治の廃仏毀釈を経て、今の安井金比羅宮になりました。

前も言ったように、明治までは敷地がもっと広く、菊溪川も敷地内を通っていたほどです。その様子は、江戸時代の都名所図会にも詳しく描かれています。



f:id:wazze2001:20220112142519j:plain
安井金比羅宮(その2)。まずは本殿にお参りしましょう。「悪縁を断ち切り、良縁を結ぶ」というご利益から、最近は若い女性に大人気のようです。



f:id:wazze2001:20220112142510j:plain
安井金比羅宮(その3)。ものすごい大行列ができています。なぜこんなに大人気なのかというと、、、



f:id:wazze2001:20220112142513j:plain
安井金比羅宮(その4)。お札が大量に貼られた石碑!これが原因ということ?

良く見るとトンネル状になっています。そこをくぐってお札を貼れば、良縁が結ばれるかららしい。

実際にくぐっている女性が大勢いました(もちろん撮影は遠慮しましたが)。いゃ、言葉もありません。



f:id:wazze2001:20220112144956j:plain
安井金比羅宮(その5)。先ほども言いましたが、安井金比羅宮の周りはラブホ街。何ていうか、良縁祈願の神社の隣がラブホ街というのも、絶妙なる組み合わせだな〜、と感心しました。(変な感想!)



では安井通に戻りましょう。

安井通を西へ


f:id:wazze2001:20220112135843j:plain
安井通に戻ってきました。左に安井金比羅宮のコンクリート鳥居が見えていますね。

この先を進むと、建仁寺に着きます。前も言ったように、下水道はこの手前から建仁寺へ、一直線に進んでいます。

この右側には、崇徳天皇御廟もあるので、ちょっと寄ってみましょう。



f:id:wazze2001:20220112145310j:plain
崇徳天皇御廟。ここまで来たら、お参りしない訳にはいきません。

日本三大怨霊の一つと言われるほど恐れられた崇徳上皇。その愛人である阿波内侍が、上皇の遺髪をここに埋めて弔ったらしい。そのためここは崇徳天皇御廟と言われています。

怨霊の御廟とあれば異界巡りに欠かせない。寄る価値はあります。



f:id:wazze2001:20220112153218j:plain
また安井通を西へ進みましょう。下水道(現在の菊溪川?)を追って!



f:id:wazze2001:20220112153212j:plain
今度は安井金比羅宮の北鳥居から、一本西側の通りを入りました。

ただ残念ながら、新しい建物が建ち並んでいて、ここは痕跡が残されていませんでした。



f:id:wazze2001:20220112153215j:plain
ではまた元に戻って、安井通りを西へ進みます。


建仁寺に寄り道


f:id:wazze2001:20220112161747j:plain
建仁寺北門に到着しました。ここで菊溪川と下水道は合流します。というより、「また菊溪川は下水道化された」と言った方が良いでしょう。

さてこの後は、花見小路を北上するのですが、せっかくここまで来たので、建仁寺にも寄っておきましょう。



f:id:wazze2001:20220112161750j:plain
建仁寺(その1)。三門です。江戸時代の築で、望闕楼とも言うらしい。



今さら言うまでもありませんが、建仁寺鎌倉時代に創建された由緒ある古刹。敷地内には国指定重要文化財が建ち並んでいます。



f:id:wazze2001:20220112161753j:plain
建仁寺(その2)。法堂です。「はっとう」と読むらしい。実物を見れば、誰もがその巨大さに驚くでしょう。



ところで地元の人は、建仁寺を「けんにんじ」ではなく、「けんねんさん」と呼びます。実際に僕も小料理屋さんで、ご主人がそう呼んでるのを聞きました。良い響きですね。


花見小路を北上する


f:id:wazze2001:20220112164009j:plain
建仁寺北門に戻ってきました。



菊溪川は、ここから花見小路を北上します。僕は、かなり昔からこのルートだったのではないか、と考えています。

具体的に言うと、建仁寺ができた時(鎌倉時代!)、方丈や大書院などの建物を迂回するルートが造られたのではないか。

同じ建仁寺を流れる轟川も、建物を迂回するように流れています。"お寺のために迂回"というのは、よくあったようです。



f:id:wazze2001:20220112164021j:plain
花見小路を北上します。東側に見える弥栄会館は工事中でした。



この建物は昭和11年に、芸妓の教育のために建てられた建物で、国登録有形文化財にもなっている歴史的建造物。

それが帝国ホテルになります!2026年開業予定で、現在は改修工事中。どんなホテルになるのか楽しみですね。


団栗通を西へ


f:id:wazze2001:20220112164105j:plain
団栗通に到着しました。下水道は西へ折れて一直線に鴨川へ向かいます。もちろん下水道化される前の菊溪川も同じだったでしょう。



ところで、この道の北側(花見小路周辺〜四条通まで)は、明治時代まで建仁寺の敷地でした。その頃は、竹藪だった事が分かっています。

それが近代に開発されて新しい街(祇園町南)ができました。菊溪川は、建仁寺と新市街地を分ける境界線の役割も担っていたようです。



f:id:wazze2001:20220112164113j:plain
どんどん団栗通を進みましょう。ところで先ほど、建仁寺ができたときに、今のルートになったのではないか、と言いました。

では建仁寺ができる前(要するに平安時代)はどうだったのか?それはもう分かりません。竹藪だったので、まさに"藪の中"。


大和大路を越える


f:id:wazze2001:20220112164121j:plain
大和大路通が見えてきました。下水道はこの交差点を左折して、鳥羽の下水処理場(水環境保全センター)に行ってしまいます。



しかし、直進する"別ルート"もあるのでややこしい。

前も言いましたが、京都市の下水道の約40%は雨水合流式。そのため大雨時の下水処理場のパンクを防ぐため、下水の一部を鴨川へ流しているのです。

その分岐施設が、この辺りの地下に造られています。



f:id:wazze2001:20220112164132j:plain
大和大路通です。昔はここが鴨川の堤防でした。寛文年間、幕府によって河川敷が埋め立てられ、新たな町(宮川町)ができたのです。

なので、この道の西側(左側)は、寛文年間まで鴨川の河原でした。菊溪川はここで鴨川に注いでいたのです。つまりここが終点!

しかし寛文年間の後も、菊溪川はどこかを流れていたはず。それも僕らは探していきたい。引き続き菊溪川探索を続けましょう。



f:id:wazze2001:20220112164155j:plain
という訳で、そのまま団栗通りを西へ進んでいきましょう。道幅が広くなったのも、何だか新しい街らしいですよね。


川端通に到着


f:id:wazze2001:20220112164315j:plain
ついに川端通に到着しました。1980年代に、琵琶湖疏水を暗渠化したり、京阪電車を地下化したりして、新しく作られた道です。

さて、寛文年間以後の菊溪川は?

当然ながら、琵琶湖疏水ができてからは疏水に注いでいたし、琵琶湖疏水ができる前までは鴨川に直接注いでいたと思われます。

今となっては、どちらも見られません。



f:id:wazze2001:20220112164330j:plain
川端通を横断します。もうこの辺りが終点でしょうか。すべてが暗渠化してしまって、何だかモヤモヤしています。

川端通ができる前の菊溪川の痕跡(みたいなもの)は、何か残っていないのでしょうか?もう少し探してみましょう。


雨水吐口


f:id:wazze2001:20220112164345j:plain
川端通を越えて、団栗橋の上から、堤防の内側を見てみました。すると、何やら古びた"注ぎ口"が見える!菊溪川の出口か?

いゃ、違います。これは、スミトンによると「雨水吐口」という施設。先ほど言った、大雨時に下水を流す"吐き出し口"です。

汚い話で恐縮ですが、下水とは、つまり大小○。それが出てくるなんて、京都市民もあまり知らないのではないでしょうか。



f:id:wazze2001:20220112164353j:plain
とはいえ雨水も出てきます。しかもそれは菊溪川流域の雨水を集めてきたもの。それなら菊溪川の出口と言っても良いのではないか?

もちろん、本来の菊溪川の出口も、この辺りにあったのは間違いありません。ちょっと無理矢理ですが、僕はそう考えたいと思います。



しかし!!僕らの菊溪川を巡る"探索"の終点は、ここではありません。ここからさらに北へ約200mほど行った所に待っていました。


仲源寺の観音様


f:id:wazze2001:20220112164418j:plain
菊溪川の出口から北へ200mほど行った所に南座がありますが、その東側に、仲源寺というお寺があります。通称「目やみ地蔵」の方が有名でしょうか。

今回の旅の終点は、ここになります。



f:id:wazze2001:20220112164423j:plain
仲源寺(その2)。このお寺は鴨川治水と深く関わっており、安貞2年(1228)の鴨川洪水の際、防鴨河使が"雨止み祈願"をすると、雨が止んだという伝説があります。

それ以来「雨止み地蔵」と呼ばれるようになり、いつしか転じて「目やみ地蔵」になった、とのこと。天正13年、豊臣秀吉の命令により現在地に移転されました。



f:id:wazze2001:20220112164415j:plain
仲源寺(その3)。かつて鴨川治水の祈願寺松原橋の法城寺でしたが、それ以来、このお寺が祈願寺となり、"雨止み"の信仰を集めたそうです。



さて、ここに鎮座している千手観音像は、高台寺の前身である「雲居寺」の塔頭(桂橋寺)にあった観音像。そこから仲源寺に移ってきました。



f:id:wazze2001:20220112164420j:plain
仲源寺(その4)。さて、「雲居寺」というお寺。今回の旅の始まり頃に名前を出したお寺ですが、覚えていますか?



それは高台寺があった場所に、元々あったお寺です。そこでは自然居士という僧侶たちが、芸を披露しながら、法華経を民衆に伝えていました。

舞を舞ったり、楽器を鳴らすなど芸を尽くし、大衆を惹きつけて、説法していたのです。

やはりそこは、菊溪菊の黄色い花が咲き乱れ、若き遊行僧たちが舞い踊る、この世のものとは思えない桃源郷でした。

しかし応仁の乱で焼けて、廃寺となってしまいました。その跡地に、高台寺が造られたのです。



f:id:wazze2001:20220113200602j:plain
仲源寺(その5)。高台寺の前身「雲居寺」から移ってきた千手観音像です。平安時代後期の作で国指定重要文化財



さて、今回の旅の始まりを思い出してください。

東大谷墓地と高台寺墓地の間から菊溪川は始まりました。つまりこの観音様は、菊溪川の源流にいらしたのです。

それが、まるで菊溪川の流れをたどるように、鴨川のほとりに鎮座している。何とも不思議な縁を感じませんか。

ここはまさに、菊溪川の旅を終えるに相応しい場所ではないでしょうか。


〜 終わり 〜