京都の異界を歩く

ちょっと変わった京都の探訪記です

轟川を歩く(その1)〜京都の廃河川〜

かつて清水寺から鴨川へ、「轟川」という川が流れていました。

源流は清水寺塔頭成就院あたり。そこから産寧坂八坂通を横断し、建仁寺の敷地を通って、松原通から鴨川へ。

ただ途中は暗渠になったり、下水道と一体化したりとややこしい。

一寸法師が遡ったという伝説のある轟川。その流域を探索する旅に出ましょう。


清水寺成就院から


f:id:wazze2001:20220118125501j:plain
清水寺の入り口。正面は仁王門、右奥に三重塔も見えます。成就院に行く前に、本堂もお参りしておきましょう。



f:id:wazze2001:20220118131012j:plain
清水の舞台。晴れ空が広がり、景色も素晴らしい。何度来ても気持ち良い所ですね。



f:id:wazze2001:20220118130707j:plain
仁王門に戻って、北へ歩くと池が現れます。清水寺塔頭(附属寺院のこと)、成就院の庭池です。



成就院は、幕末に尊王攘夷派僧として活躍した月照のいたお寺。(上記写真の左側に本堂があります)



f:id:wazze2001:20220118125426j:plain
成就院の脇を奥へ奥へ進んでいくと、突き当たります。ここが庭池の最頂部。一般人が行けるのはここまでのようです。


轟川の探索スタート!


f:id:wazze2001:20220118125353j:plain
それでは、ここが轟川の源流部という訳で、ここから轟川探索の旅に出発しましょう。



f:id:wazze2001:20220118125359j:plain
庭池を山側から望む。この右側に成就院があり、幕末の頃、月照西郷隆盛が何度も密談を重ねたらしい。



f:id:wazze2001:20220118125356j:plain
庭池の脇を歩いて、谷側に戻って来ました。
(なお成就院には有名な池庭がありますが、それはここではありません)



f:id:wazze2001:20220118125324j:plain
池の谷側の出口。いわば轟川の出発点といった所でしょうか。ここから道路をくぐって反対側へ向かいます。



f:id:wazze2001:20220118125318j:plain
道路の反対側の出口。コンクリートの"ミニ欄干" が分かりますか?ここから谷底へ降りていきます。



f:id:wazze2001:20220118125249j:plain
谷底にグレーチング枡が見えますが、そこが轟川。早くも暗渠のようです。


産寧坂への坂道を降りる


ここから川沿いの道を降りたいのですが、一般人は進入禁止なので、大回りして産寧坂から上がりましょう。


f:id:wazze2001:20220119134555j:plain
産寧坂から上がってくるとゲートがあり、ここで進入禁止。

この道は、上の成就院から降りてきた道です。そしてゲートの向こう側にはコンクリート壁。これは暗渠の最下部らしく、この下を轟川は流れてきたらしい。



f:id:wazze2001:20220119134902j:plain
ゲートの左下を見ると・・・、出てきました!轟川!


早くも下水道になる


f:id:wazze2001:20220119140730j:plain
轟川はすぐに暗渠になっています。早くもここから下水道になるらしい。



今では考えられませんが、京都市の下水道は、昭和40年頃まで雨水・山水も流入させていました。京都市上下水道局のサイトによると、現在も約40%がそのままと言います。



f:id:wazze2001:20220119140939j:plain
轟川は道の中央をどんどん降りていきます。早くもマンホールが出現!



さて、京都市の下水道は雨水合流式と言いましたが、それどころか小川をそのまま下水道化させた所もありました。(菊溪川も音羽川もそう!)

そして、まさに轟川もそう!このように下水道になってしまうのです。



f:id:wazze2001:20220119141335j:plain
今度はアスファルトからコンクリートに変わりました。道の中央部分が暗渠の"蓋" に該当します。これは昭和30〜40年代くらいのものでしょうか。



f:id:wazze2001:20220119144348j:plain
また道の中央にマンホール!この下を轟川は(下水道として)流れているようですね。



ちなみに京都市の下水道には、「スミトン」という下水道マップがあり、ネットに公開されています。廃河川探索にとても便利!今回もそれを大幅に頼りながら歩く事になります。


産寧坂


f:id:wazze2001:20220119144543j:plain
やがて産寧坂に到着しました。三年坂と書かれる事もありますが、正しくは産寧坂。ここを左へ行くと清水寺です。



f:id:wazze2001:20220119150526j:plain
産寧坂を見上げましょう。光明皇后の子安伝説から名付けられたので、ここは正しく産寧坂と呼びたいですね。

この坂は重要伝統的建造物群保存地区に指定され、古い街並みが残されています。今では京都有数の観光地!



f:id:wazze2001:20220119151419j:plain
反対に産寧坂から見下ろしましょう。

轟川は右から左へ横断しています。左側にコンクリートの"橋の欄干" みたいなものが見えますよね。



f:id:wazze2001:20220119151928j:plain
アップしました。やはり"橋の欄干"で間違いないようです。しかも説明看板みたいなものもありますよ。



f:id:wazze2001:20220119151931j:plain
どうやら、産寧坂や轟川の説明看板のようです。ただ、この奥を轟川が流れているはずなのに、看板のせいで見えない(笑)


産寧坂から轟小路へ


f:id:wazze2001:20220119155508j:plain
看板の所から北へ30m歩くと十字路があるので左折しましょう(写真は左折した所)。
ちょうど「京都市文化財建造物保存技術研修センター」に向かう道です。



f:id:wazze2001:20220119155502j:plain
左折するとすぐに、こんな路地が現れます。近づいてみましょう。



f:id:wazze2001:20220119155459j:plain
左に「轟小路」の木札、右に轟川の説明看板!やはりここですね。それにしても一寸法師のことまで書いてある!



f:id:wazze2001:20220119155505j:plain
奥へ入ってみましょう。この形状はやはり轟川のようです。(もちろんスミトンもここを下水道と記載)

さらに、大正11年の古地図にも、ここを川が流れている記載がありました。やはり間違いないでしょう。



f:id:wazze2001:20220119155510j:plain
ここで行き止まりですね。産寧坂はすぐそこ。完全に繋がりました。



ところで先ほど大正時代の古地図と言いましたが、京都市には「近代京都オーバーレイマップ」という古地図専用サイトがあり、ネットに公開されています。廃河川探索にとても便利!今回もそれを大幅に頼りながら歩く事になります。


轟小路から北へ


f:id:wazze2001:20220119155548j:plain
元の道に戻って、今度は下流側を見てみましょう。轟川と思われる所に消防団倉庫が建っています。
他の川でも、暗渠の上に消防団倉庫が建っているケースがあったので、ここで間違いないでしょう。
(スミトンでも大正時代の古地図でも、この倉庫の下を下水道や川が通ってるように書かれています)



f:id:wazze2001:20220119155554j:plain
倉庫右側の駐車場を奥に入って覗いてみましょう。ちょうど草むらの所ですね。



f:id:wazze2001:20220119155551j:plain
さらに覗いてみると・・・、草むらは左へカーブしながら下がっていくようです。
ちょうど「京都市文化財建造物保存技術研修センター」の裏を回り込むように。
(スミトンも古地図も同じように左へカーブしてホテル青龍の北へ向かってます)



f:id:wazze2001:20220119221635j:plain
また産寧坂に戻りましょう。轟川の痕跡(というか下水道)を見られる所がないか、探しながら歩きます。


ぼんぼり庵のある路地


f:id:wazze2001:20220119221632j:plain
二寧坂(二年坂)を過ぎて、八坂塔が見える所まで来てしまいました。ここまで入れる所は全くありませんでした。



f:id:wazze2001:20220119221630j:plain
ようやく入れそうな路地を発見。ここは「町家イン・ぼんぼり庵」に行く路地です。



f:id:wazze2001:20220119221627j:plain
狭い路地をクランクしながら降りていくと突き当たり!フェンスの向こう側にそれらしきものが見える!



f:id:wazze2001:20220119221623j:plain
フェンスと左側のコンクリート擁壁との間に見える灰色の砕石部分。これは明らかに轟川の痕跡ですね。
スミトンでも古地図でも下水道や川が書かれているので、この下を通っているのは間違いないでしょう。



ちなみに左側の高台は、昔の清水小学校で、現在はホテル青龍。築90年の校舎を再活用したレトロモダン建築が人気らしい。


八坂塔


f:id:wazze2001:20220119225403j:plain
元の道に戻ってきました。目の前に八坂塔が見えます。京都らしい風景で、やはり良いですね。



f:id:wazze2001:20220119225415j:plain
今度は八坂塔から松原通へ抜ける道を入りましょう。



f:id:wazze2001:20220119225441j:plain
一番低くなっている所にマンホールがあり、ここが轟川の横断部分のようです。
下水道と化した轟川ですが、もの凄い流量らしく、マンホールから激流音が聞こえてきました。



f:id:wazze2001:20220119225444j:plain
ここで左側(東側)を見てみると鉄格子の扉。



f:id:wazze2001:20220120113008j:plain
鉄格子の隙間から覗いてみると、明らかに川の痕跡。かつての轟川で間違いないでしょう。



f:id:wazze2001:20220119225438j:plain
今度は右側(西側)を見てみると、トタン板に遮られて見えない!



f:id:wazze2001:20220120113809j:plain
思い切ってトタン板の上から覗いてみました。エアコン室外機などか置かれ、雑然としてますが、ここが轟川の痕跡で間違いないでしょう。


八坂通を西へ


f:id:wazze2001:20220120115735j:plain
また八坂塔に戻り、西へ進みましょう。



ここから道は、八坂通と名前を変えます。ちなみに京都では"通り"ではなく、"通"と書きます。独特の書き方ですよね。

でも読み方は"とおり"のまま。なので八坂通と書いても"やさかどおり"と呼びます。やはり京都はややこしい(笑)



f:id:wazze2001:20220120120926j:plain
すぐ右側(北側)に下河原通。八阪神社へ抜ける道です。かつては花街として栄えた通りですが、今はほとんど痕跡もありません。代わりに人力車と撮影会が盛ん。



f:id:wazze2001:20220120121402j:plain
下河原通の反対側(南側)に八坂庚申堂。入ってみましょう。



f:id:wazze2001:20220120121545j:plain
ここが女性に大人気。カラフルな「くくり猿」が"写真映え"するから、というのが理由らしい。



f:id:wazze2001:20220120122032j:plain
また八坂通を西へ進みましょう。下り坂になってるのが分かりますか?(左側の石垣に注目)



f:id:wazze2001:20220120124510j:plain
下り切った所で左側(南側)を見ると、またまた轟川!



f:id:wazze2001:20220120124514j:plain
奥を覗いてみると、この形状!間違いないですね。



f:id:wazze2001:20220120124517j:plain
今度は反対に右側(北側)。ちょっと分かりづらいけれど、中央左寄りの隙間、つまり、下に黒いガードパイプがある所がそうでしょう。

奥を覗いてみましたが、やはり分かりづらい。でもスミトンでも古地図でも、ここに下水道や川が書かれてるので間違いないですね。


八坂通から高台寺南門通


f:id:wazze2001:20220120125518j:plain
そのまま八坂通を西へ80m進むと、右側(北側)に路地があるので右折しましょう。(写真は右折した所)
右側は明治37年創業の乾物屋さん。ちなみにこの路地はクランクして高台寺南門通へ抜けるようです。



f:id:wazze2001:20220120125529j:plain
クランク部分に到着。左側(西側)を見ると轟川の痕跡!カラーコーンのあるアスファルト舗装の所が、川だったようです。
(もちろんスミトンも古地図もここ!)



f:id:wazze2001:20220120125532j:plain
続いて右側(東側)を見ると、赤い鉄板の所が轟川!ちょっと狭いけど、スミトンも古地図もここなので、間違いないですね。

ではそのまま高台寺南門通へ抜けましょう。


東大路通に到着


f:id:wazze2001:20220120145516j:plain
高台寺南門通を通って東大路通に出ました!轟川も(下水道も)ここを横断してるはずです。早速見てみましょう。



~ 轟川を歩く(その2)へ続く 〜