京都の異界を歩く

ちょっと変わった京都の探訪記です

轟川を歩く(その2)〜京都の廃河川〜

~ 轟川を歩く(その1)からの続き ~

東大路通を横断する


f:id:wazze2001:20220120145516j:plain
東大路通に出たところから再開しましょう。



f:id:wazze2001:20220120145527j:plain
まずは東側から。このマンホールの所を轟川が横断してるはずですが、新しいビルが建っていて、痕跡は残っていませんでした。



f:id:wazze2001:20220120145536j:plain
続いて反対側(西側)を見てみましょう。

中央右寄りのビル(オレンジ色のヒサシ)と、左寄りの倉庫(トラック停車中)の間が、何となく空いてますよね。スミトンも古地図もここです。

早速行ってみましょう。



f:id:wazze2001:20220120145543j:plain
近づいてみました。この隙間ですね!現在も下水道となって流れている轟川です。


八坂通を西へ


f:id:wazze2001:20220120145556j:plain
この先を探索するために、一本南側の八坂通に入ってみましょう。



f:id:wazze2001:20220120180438j:plain
八坂通に入ると、すぐ右側(北側)に駐車場が現れました。これはありがたい。早速入ってみましょう。



f:id:wazze2001:20220120180441j:plain
一番奥まで行って右側を見ると・・・、この隙間ですね。フェンスと蔵の間!
(左の建物は、錆びた波トタンに覆われてますが、土蔵なのは間違いない!)



f:id:wazze2001:20220120180444j:plain
今度は左側(西側)を見ると・・・、やはりこの隙間です。フェンスと板塀との間!



(探索時はここで夕方になったので一旦終了しました)


翌朝から再開


f:id:wazze2001:20220120234651j:plain
(という訳で翌朝から調査再開!朝の光が爽やかです)



前回の駐車場の左隣(西側)も、こんな駐車場になってました。早速入ってみましょう。



f:id:wazze2001:20220120234657j:plain
一番奥まで行って左側(西側)を見てみると、何となくそれっぽい。でもスミトンや古地図によると、右側の塀ブロックの右隣らしい。現物は見えませんね。



f:id:wazze2001:20220120234701j:plain
さらに奥を覗いてみても同じ。緩やかにカーブしている塀ブロックの右隣。この先は建仁寺の非公開エリアに入ってしまうので、八坂通からの探索はあきらめます。

次からは、一本北側の道(安井金比羅宮の鳥居のある道)から探ることにしましょう。


安井金毘羅宮の鳥居のある道を西へ


f:id:wazze2001:20220121095014j:plain
安井金比羅宮の鳥居から西へ100mほど歩くと、南側に空き地(バスの駐車場?)が現れました。



f:id:wazze2001:20220121095017j:plain
奥まで行ってみると、突き当たりは建仁寺の高い塀。



f:id:wazze2001:20220121095011j:plain
その右側を見ると、どうやらこの部分が轟川(現在は下水道)のようです。


安井金毘羅宮へ寄り道


f:id:wazze2001:20220121133506j:plain
元の道に戻ると、向かい側(北側)は安井金比羅宮。せっかくなので寄りましょう。



f:id:wazze2001:20220121132232j:plain
元々は安井観勝寺というお寺でしたが、明治の廃仏毀釈で神社になりました。「悪縁を切り、良縁を結ぶ」ということで女性に大人気らしい。



f:id:wazze2001:20220121132238j:plain
境内にある石碑。ここにお札を貼って、トンネル状の穴をくぐると、良縁を結ぶらしい。実際にくぐっている女性が大勢いました。凄いね。


また元の道を西へ


f:id:wazze2001:20220121095255j:plain
安井金比羅宮から西へ10m歩くと、また南側に駐車場が出現!塀の向こうに建仁寺の伽藍も見えますね。入ってみましょう。



f:id:wazze2001:20220121095338j:plain
突き当たりはフェンス。その向こう側に建仁寺の塀。という事は、、、



f:id:wazze2001:20220121095145j:plain
左側(東側)を見ると、やはりそうです。フェンスと塀の間が轟川。



f:id:wazze2001:20220121095257j:plain
続いて右側(西側)を見ると、こちらもまさに轟川!ただ不思議なのは新しい側溝が造られています。下水道は地下を通るはずなのに。でもスミトンはここなので間違いないでしょう。


ついに建仁寺の非公開エリアへ


f:id:wazze2001:20220121132248j:plain
駐車場から西へ30m歩くと突き当たるので、左折しましょう(写真は左折した所)。すると、正面には建仁寺の塀と、お地蔵さん?



f:id:wazze2001:20220121132251j:plain
近づいてみるとやはりお地蔵さん。京都は本当にお地蔵さんが多い。

ところで塀との間に、一段高いコンクリート構造物が見えます。これは下水道の蓋部分でしょう。



ここでスミトンや古地図を見ると、下水道はそのまま右へ進んでいます。ついに建仁寺の非公開エリアに突入!

という事なので、僕らは安井通を通って建仁寺へ向かいましょう。


建仁寺を歩く


f:id:wazze2001:20220121202223j:plain
安井通を歩いていくと、突き当たりの左側に建仁寺の入口があります。そのまま入っていきましょう。



f:id:wazze2001:20220121202210j:plain
南側へ歩いていくと左側(東側)に冠木門が見えます。入ってみましょう。



f:id:wazze2001:20220121202216j:plain
ここは両足院という所のようです。右奥に「写経・坐禅体験」などと書いてあるので入ってみましょう。



f:id:wazze2001:20220121225932j:plain
美しい庭ですね。心が落ち着きます。白砂は入り江を表しているのでしょうか。

などと庭を眺めつつ・・・、どこか奥に入れないか、と探ってみましたが・・・、入れるのはここまで。残念、戻りましょう。



f:id:wazze2001:20220121225929j:plain
次の大門も開いていたので、すぐに庭が眺められました。(たまたまだったようですが・・・)
左の白砂と右の苔庭のコントラストが面白い。無機と有機の対比?やはり良い庭ですね。

などと眺めましたが・・・、やはり入れるのはここまで。建仁寺のガードは固い・・・。いゃまぁ、当たり前ですけど(笑)。仕方ない、戻りましょう。



f:id:wazze2001:20220121202213j:plain
そのまま南へ歩いていくと、素晴らしい楼門を見つけました。中国の禅宗様式。
後で調べると、建仁寺開山の祖、道元を祀る開山堂の門で、宝陀閣と言うらしい。



今まで建仁寺に来ると、三門とか法堂ばかり見ていたので、今回は凄く新鮮です。
東側の庭や楼門をじっくり見られて良かった。そんな事を思いつつ歩いていくと・・・


ついに建仁寺の外へ


f:id:wazze2001:20220123163934j:plain
建仁寺の南端に到着(写真は東側を見たところ)。建仁寺の塀が続いています。この非公開エリアの中を轟川は流れてきたはず。



ところで、スミトンや古地図に書かれた "非公開エリア内のルート" を見ると、きちんと建物を避けるように直進しています。

最後の方は曲線もありますが、それでも建物をうまく避けている。建仁寺造営時に人工的に改変されたと想定できますね。



そんなことを思いつつ、近づいてみましょう。



f:id:wazze2001:20220123164638j:plain
ありました!塀の手前にマンホール。ようやく非公開エリアから表に出てきたところです。


ホテルセレスティンへ


f:id:wazze2001:20220123164836j:plain
その西側にまたマンホール。ここで轟川は直角に南側(写真右側)へ折れて、ホテルセレスティンの方へ向かいます。



f:id:wazze2001:20220123194750j:plain
ホテルセレスティンへ向かう道。轟川は、この下を下水道となって流れています。



f:id:wazze2001:20220123205414j:plain
ホテルセレスティン。三井系のホテルです。かつてここには電電公社の建物が建っていました。



前面道路は八坂塔から来た八坂通。ただ、この辺りは明治以降に造られた新しい道ですけどね。


ホテルセレスティンから二つのルートへ


f:id:wazze2001:20220123222313j:plain
ホテルセレスティンの西側にマンホールがありました。轟川はここから、二つのルートに分かれます。



一つは、このまま八坂通を西へ向かって、物吉村から南へ折れて松原通へ(仮に"物吉村ルート"と呼びます)。
もう一つは、ここから南へ折れて、愛宕念仏寺元地の脇を通って松原通へ(仮に"愛宕念仏寺ルート"と呼びます)



僕らは両方追いかける事にしましょう。という訳で、まずは物吉村ルートへ向かいます。



~ 轟川を歩く(その3)へ続く 〜