京都の異界を歩く

ちょっと変わった京都の探訪記です

羅城門を歩く〜京都の葬送地~

京都の葬送地シリーズ4回目!今回は羅城門!!言わずと知れた"平安京の正門" です。

そこが葬送地とは驚くかもしれませんが、平安京に住む庶民の "死体捨て場"となっていたのも事実です。
今回はそんな羅城門に行ったときのことを紹介しましょう。



まずは、近所にある日本最大級の “魔界スポット” 東寺から歩き始めましょう。


東寺

f:id:wazze2001:20211118020603j:plain
という訳で東寺からスタートします。
すぐそばに、こんな強力な"魔界"がある以上、寄らない訳にはいきません。
写真は通常観光客が入る慶賀門。僕もここから入りました。重要文化財



f:id:wazze2001:20211118020553j:plain
東寺は、平安京遷都と同時に作られた国家鎮護の官寺。また空海真言密教の根本道場とした事でも知られています。

特に強烈なのは立体曼荼羅と呼ばれる仏像群。大日如来を中心に不動明王など21体の仏像が整然と配置されています。

もちろん建物も凄い。写真は国宝の金堂で桃山時代の築。他にも国宝や重文の建物が何棟も並んでいて圧倒されます。



f:id:wazze2001:20211118020555j:plain
東寺といえば五重の塔。もちろん国宝です。木造塔としては日本一の高さ。"京都のシンボル"と言っても良いでしょう。



f:id:wazze2001:20211118020600j:plain
重要文化財の南大門。観光客はほとんど来ませんが、ここが本来の正門になります。
僕もここから出ました。西へ500mほど行った所に目的地、羅城門があるからです。
目の前の道は九条通り。平安京の南の果てです。では羅城門へ歩いていきましょう。


矢取地蔵尊

f:id:wazze2001:20211118021215j:plain
羅城門跡地に到着すると、入り口に良い感じのお堂が建っていました。
矢取地蔵尊空海の身代わりになったという伝説の残るお地蔵様です。



f:id:wazze2001:20211118021218j:plain
矢取地蔵尊をアップ。羅城門と全然関係ないのに、"あっけらかんと"こういうのがある、というのも京都の凄いところ。1200年の歴史を誇る京都の重層性をよく表しています。

では羅城門跡地の公園に行ってみましょう。


羅城門跡地の公園

f:id:wazze2001:20211118021236j:plain
この奥に公園があり、そこに羅城門遺跡の石柱が建っています。



ところで羅城門は平安京の正門として建てられましたが、100年もしないうちに使われなくなり、やがて盗賊の住処となり、最後は平安京庶民の"死体捨て場"となり果てました。

奥の公園に行きましょう。



f:id:wazze2001:20211118021259j:plain
明治28年に建てられた羅城門遺跡の石柱。ここに羅城門はありました。



さて、今昔物語には次のような話も書かれています。

                                                      • -

ある夜のこと。
とある盗賊が、羅城門に人影を感じたので、門の中まで行ってみると、山積みされた死体のなかに老婆がいた。
彼女は死体から髪の毛を抜いている。
聞けば、死体の髪の毛を集めて、カツラを作って売り飛ばすのだという。
(当時の官女は、今でいうウイッグを付けるのが当たり前でした)
身震いしながら話を聞きていると、老婆は「生きるためにしようがないのだ」と言うのだった。

                                                      • -

そのような話が伝わるほど、羅城門は恐ろしい"魔界"に成り果てたのです。



その後(980年)暴風雨で倒壊すると、二度と再建されることはありませんでした。


まわりは普通の住宅地

f:id:wazze2001:20211118021317j:plain
現在は小公園となり、遊具が置かれています。その周りは生活感あふれる普通の住宅地。



ネットを散見すると、「きちんとした史跡公園にしたら良いのに」とか「現状は貧弱すぎる」などと書かれています。
残念ながら僕はそう思いません。
歴史の浅い街と違って、ここは1200年の歴史を持つ京都市。幾重にも歴史が積み重なって、今があります。



周りの住宅の生活感あふれる姿は、まさに重層化の証拠じゃないでしょうか。京都らしい、とも言えます。

いやそれよりも、平安京の正門〜盗賊の住処〜死体捨て場と変遷した羅城門に相応しいと、間違いなく言えます。